IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「継続こそ栄光への道」を示したデル・ボスケ
『ラ・ロハ スペイン代表の秘密』ユーロ2012版

ギャンブル王と名手は違う

デル・ボスケはゴールにつながる選手の起用において、100パーセント的中させている
デル・ボスケはゴールにつながる選手の起用において、100パーセント的中させている【Getty Images】

 一方、騒がしいチーム周辺とは無関係に、合宿の日常は続く。ブスケツはサッカーくじの胴元としてプジョルの後釜を立派に務めており、賭けもファイナルに近づいている。全員がスペイン優勝としたのは当然だが、決勝の相手や得点王がすでに大会を去ってしまった者は、もう死んだも同然である。


 デル・ボスケは今回、どうやら手ぶらで帰国することになりそうだ(2009年コンフェデレーションズカップでは、スタッフのパコ・ヒメネスとのコンビで見事、賞金王に輝く)。準決勝進出チームがまだ2チーム決まっていない状況で、アルビオル、レイナ、セスクが賞金レースの上位3人。この中から王者が生まれることになる。サッカーを知る者が、必ずしも賭け上手というわけではないことが、今回、わたしの調査でわかった。どうやらレースの最後尾に近いところには、イニエスタの名があることが分かった。さらに、ラ・ロハのもう1人の魔術師シャビも、その辺りをウロウロしているらしい。


(レポート/ミゲル・アンヘル・ディアス、翻訳/木村浩嗣)

ゴールに直結する選手の起用では百発百中

 先週の偽センターFWか1トップか論争、今回のダブルボランチの是非や右サイドバックの人選を問う騒ぎの中にあっても、絶対に否定できない代表監督の功績がある。それはグループステージ1位通過と準々決勝でフランスを破ったという素晴らしい結果。そして、ゴールゲットという面では100パーセント的中している、驚異的なデル・ボスケのさい配だ。


 グループステージ第1節では、イタリア相手に思うようにボールを支配できず、先制された後に辛くも引き分けた。セスクを偽センターFWとして先発させた「ゼロトップという選択は正しかったのか?」という批判の声は、当然上がった。だが、殊勲の同点ゴールを決めたのは誰だったのか? 監督が大抜てきしたセスクだった。


 第2節、大勝したアイルランド戦はどうか? 1トップとして先発したのはトーレス。彼は開始4分に先制ゴールを決めて流れを引き寄せ、さらに3点目を追加し、実質的に試合を終わらせた。その後、4点目を決めたのは、やはり代わって入ったセスクだった。


 第3節のクロアチア戦での内容の悪さは、ミゲル・アンヘルが文中で指摘している通り。が、そこには目をつむり得点者に目を向けてみると、1位通過を決める決勝点を蹴り込んだのは、ヘスス・ナバスだった。彼は攻撃力アップのため、後半の途中でトーレスに代わって入った選手である。


 さらに、準々決勝のフランス戦。これまでで最高の内容で、デル・ボスケには一転、称賛の声が集まっているのだが、誰が決定的な仕事をしたのか思い出してほしい。2点を挙げたシャビ・アロンソは「ダブルボランチの一角として外すべき」という意見が文中にも出ていた選手。加えて、ダメ押し点のきっかけとなるPKを奪ったのはペドロで、そのペドロにスルーパスを出したのはカソルラと、やはり交代策は的中した。デル・ボスケとメディアの対立は、今回取り上げたクロアチア戦をピークにトーンダウンしそうだ。


文/木村浩嗣


<続く>

『ラ・ロハ スペイン代表の秘密』(ソル・メディア)

『ラ・ロハ スペイン代表の秘密』ミゲル・アンヘル・ディアス著、木村浩嗣訳 定価:本体1,680円(税込)/ソル・メディア
『ラ・ロハ スペイン代表の秘密』ミゲル・アンヘル・ディアス著、木村浩嗣訳 定価:本体1,680円(税込)/ソル・メディア【ソル・メディア】

スペイン代表、全面協力のベストセラーが日本上陸! EURO2008、2010年W杯を制し、サッカー界の頂点に立った“ラ・ロハ”ことスペイン代表。あの“ダメ代表”がなぜいきなり無敵になったのか? カシージャス、シャビ、イニエスタら中心選手や、監督、スタッフの証言によって明かされる、驚くべきチームの舞台裏。なぜラウールは外されたのか?“ボールを持って動かす”スタイルを確信した試合とは? チームを結束させた賭けトランプの部屋とは?


スペイン代表と親交の深い著者が長期に渡る密着取材とチームの全面協力を得て執筆。今年4月スペインで発売され、たちまちベストセラーとなった本書を海外サッカー週刊誌『footballista』編集長・木村浩嗣が翻訳。プロローグはカシージャス、エピローグはビージャが特別寄稿!

footballista(フットボリスタ)

国内唯一の海外サッカー週刊誌『footballista(フットボリスタ)』。欧州から南米まで、世界のフットボールシーンの日常を現地直送でお届け。EURO2012も総力を挙げて徹底レポート。毎週水曜日、全国の書店・コンビニエンスストア・駅売店で発売中。350円(税込)/48ページ/オールカラー。iPhone、iPad、各種Android端末対応のデジタル版も好評配信中

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント