IDでもっと便利に新規取得

ログイン

札幌U−18、青森山田など10チームが激突
高円宮杯U−18プレミアリーグ イースト出場選手コメント
昨年のU−17W杯に出場した室屋(青)を擁する青森山田など高校勢の巻き返しに注目が集まる
昨年のU−17W杯に出場した室屋(青)を擁する青森山田など高校勢の巻き返しに注目が集まる【写真:AP/アフロ】

 高校・ユース年代の日本一を決める「高円宮杯U−18サッカーリーグ2012 プレミアリーグ」が4月15日に開幕する。2年目を迎えたこのプレミアリーグは、全国より選出された20チームを東西に分け、各リーグの優勝チームには12月に開催予定のチャンピオンシップへの出場権が与えられる文字通りの日本一決定戦だ。昨年度はサンフレッチェ広島F.Cユースがコンサドーレ札幌U−18をチャンピオンシップで破り、初代王者に輝いている。


 イーストリーグは昨年、首位を走っていた東京ヴェルディユースが最終節で敗れ、順位が入れ替わるなど優勝・残留争いが最後までもつれた。U−17ワールドカップに出場した室屋成を擁する青森山田、リーグ5位に食い込んだ流通経済大柏など高校勢の巻き返しも予想されるだけに、今年も先の読めない展開になりそうだ。


 以下は、リーグ開幕を直前に控えた各チームの選手コメント。

札幌U−18の堀米「まずはイースト連覇」

コンサドーレ札幌U−18 堀米悠斗

「昨季はチャンピオンシップで負けてしまったので、今季はまずはイースト連覇を果たし、そしてチャンピオンシップにも勝って全国優勝を果たせるように頑張っていきたいと思います。昨季からメンバーは替わっていますが、攻守においていいバランスを保ち、90分を通してチーム全員がプレーに関わり続けるという札幌U−18のスタイルは今大会も変わりません。全員が一つになって、アグレッシブな試合をしていきます。その中で僕個人としては、自信を持っている運動量を生かして、攻撃においても守備においても常に100パーセントでプレーに関わっていけるようにしていきたいと考えています。そして今年は、できれば得点も挙げたいです。中盤は昨年とそう大きくメンバーが替わっていないので、いかに点を取って、いかに守るかという部分がカギになると思います。優勝という目標を果たすことは決して簡単なことではありませんが、全力でチャレンジし、悔いのない戦いをしたいと思います」


旭川実業高校 奈良創平

「個人の力はほかのチームよりも劣っていると思うので、チームワークを大切にして、全員で戦っていきたいです。旭川実業のサッカーは団結力をベースに、守備では前から積極的にボールを奪いに走り、攻撃ではしっかりとパスをつないで連動したプレーを目指しています。今大会の目標はやはり残留することだと考えています。もちろん、一つでも上の順位を目指して戦っていくわけですが、来季以降にもしっかりとつなげていくために、まずは残留を果たすことを目指し、一試合一試合を大切に戦っていきたいと思います。ただ、プレミアリーグというハイレベルな舞台を戦い抜くには、自分たちはもっと力をつけていく必要があると思います。まずは武器である団結力をより強くしていくために、日々の練習からチーム内のコミュニケーションを増やしていきたいです。厳しい戦いが待っていると思いますが、みんなで一つになって、楽しみながら戦っていきたいと思います」


青森山田高校 椎名政志

「昨季のリーグ戦を経験している選手が多く、本当に大事なことを分かっている選手が多いと思います。素早いプレッシングからのカウンターサッカーを徹底してやりたいです。昨季は、高体連(全国高等学校体育連盟)のチームとやるときと、Jクラブとやるときの違いが大きく、自分たちのコンセプトをやり切る難しさを感じました。あとは1点差ゲームが多かったですね。昨季は同じボランチの差波優人さん(現・明治大)が攻守にわたって貢献して点も取ってくれていました。今年は自分が点を取って勝つ試合を増やしたいです。今年は大雪に見舞われて、チーム作りが遅れていましたが、冬の間に何もしていなかったわけではありません。サニックス杯などでは、雪上で鍛えた足腰を生かして、走力では相手に勝っていました。ここから本番までやることは多いですが、しっかりと開幕に向けてチーム全体で仕上げていきたいと思います。開幕からいいスタートを切って、上位進出を目指します」


鹿島アントラーズユース 橋本龍馬

「プレミアリーグ初参戦となる今年はリーグのレベルも上がるので、厳しい戦いが続くと思います。甘くないことは分かっていますが、やるからには優勝を目指しています。個人としては他のチームの同ポジションの選手には負けたくないです。昨年は一つ上の学年の試合に出ることによって、自分自身得るものがたくさんあったし、それをチームにも伝えていければと思います。今年の強みはチームワークです。普段の生活から仲が良く、ピッチの中でも互いに助け合うことができています。また、昨年はフィジカルの強さを生かしたサッカーをしていましたが、今年は全員が頭を使いながらプレーしているので、試合の時間帯によってやらなければいけないことの共通認識ができています。ただ、決定力には課題が残っています。チャンスは作れても、最後の部分で焦りが出てしまっています。この部分をチームとして改善できたとき、このチームはもう一回り強くなれると確信しています」


浦和レッズユース 新井純平

「ジュニアユース時代もキャプテンをしていたのですが、今回ユースのキャプテンとして、ユース所属の選手全員の投票で決まりました。今季は監督が代わって難しい面もあるかなと思っていましたが、徐々に全体としてやることも決まってきました。大橋(浩司)監督は『全体で動く』ことを強調しているので、選手全員が新しい方針を理解して、みんなで切磋琢磨(せっさたくま)をして上を目指せるチームにしたいですね。昨季はプレミアリーグでいいサッカーをしても、『惜しい』で終わってしまっていた。今年は違うというところを見せるためには、日々の練習から細かいところを意識してやっていかないといけない。それが去年足りなかったことだと感じています。相手がどこであろうと、強い気持ちを持ってやっていかないといけない。今年の一番の目標は全国優勝ですが、練習からもっともっとやらないと達成できない。口だけにならないよう、日々の練習から、一人ひとりが突き詰め、もっと上を目指すチームになってみせます」

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント