IDでもっと便利に新規取得

ログイン

和泉竜司、市船を優勝に導いた主将の矜持
起死回生のゴールで見せた成長の跡

沖縄の地で神懸かり的な活躍を披露

決勝で2ゴールを挙げた和泉が、市立船橋を5度目の優勝に導いた
決勝で2ゴールを挙げた和泉が、市立船橋を5度目の優勝に導いた【鷹羽康博】

 第90回全国高校サッカー選手権決勝戦。四日市中央工が1−0とリードして迎えた後半アディショナルタイムは、まもなく表示の2分に達しようとしていた。市立船橋が最後の猛攻を仕掛ける。執念のゴールをたたき込んだのは、背番号10を背負うFW和泉竜司だった。

 起死回生の同点弾でチームを生き返らせた和泉は、延長後半5分にも見事なボールタッチから右足を一閃。放たれた弾丸ライナーはGKの手をはじき、ゴールに突き刺さった。自身今大会5得点目は、市船の5度目の選手権制覇を決定づけた。


 大会前から注目選手として名前こそ挙がっていたが、正直なところ、和泉のここまでの活躍は予想していなかった。なぜならば、彼はゴールから遠ざかっていたからだ。

 彼の名が強烈に頭に刻まれたのは、2010年の沖縄インターハイだった。この大会での和泉はまさに神懸かり的な活躍を見せている。


 山梨学院大附との3回戦。彼はそれまで不動のレギュラーという存在ではなく、ベンチを温めることも多かった。しかし、「技術的に高くて、左右両足が蹴れて、判断良くパスも出せる。ここに期待をして起用した」と石渡靖之前監督は先発に抜てきした。

「これまでは点を取りたい気持ちが空回りしてしまっていた。ゴール前で焦ったり、うまくいかなかった」と、点が取れない自分に焦りを感じていた時に、与えられたチャンス。この好機を彼は見事に生かした。

7ゴールで得点王に輝く

 和泉は開始7分で貴重な先制ゴールを決めると、「案外簡単に決めることができた。このゴールで吹っ切れて、気持ちが楽になった」とここから量産態勢に入る。この試合でもう1点を追加し、2ゴールをたたき出す活躍を見せると、準々決勝の立正大淞南戦では圧倒的な存在感を放った。


 開始早々の3分にペナルティーエリア外から、目の前で大きくバウンドする難しいクロスボールにうまく合わせ、左足で矢のようなダイレクトボレーを放つ。これがゴールに突き刺さり、会場のどよめきを誘った。その後、スライディングシュートで2点目を挙げると、今度はゴールまで約40メートルの位置から目の覚めるような弾丸ミドルシュートを左隅にたたき込む。2年生ストライカーが見せた圧巻のハットトリックだった。


 桐光学園との準決勝では、0−0で迎えた試合終了間際に、MF菅野将輝の左CKをどんぴしゃのヘッドで合わせ、値千金の決勝ゴール。チームを決勝まで導いた。

 そして迎えた滝川第二との決勝戦では、0−1の苦しい展開で迎えた後半25分に菅野のパスから起死回生の同点ゴール。1−1でもつれ込んだ延長戦では、追いついた勢いそのままにチームは3点をたたき出して、見事に全国優勝を飾った。


 和泉は4試合連続の7ゴールで得点王に輝いた。これまで埋もれていたストライカーが一気に日の目を見た瞬間だった。

安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。2013年5月〜14年5月、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント