IDでもっと便利に新規取得

ログイン

尚志、福島に勇気を与える“希望の1点”
大敗にも示し続けたあきらめない姿勢

“国立の魔物”にのみ込まれ

尚志は山岸(9)のゴールで1点を返したものの、国立の雰囲気にのまれ、大敗を喫した
尚志は山岸(9)のゴールで1点を返したものの、国立の雰囲気にのまれ、大敗を喫した【たかすつとむ】

 国立競技場の電光掲示板に刻まれたのは、1−6というスコアだった。尚志(福島)は四日市中央工(三重)に大敗を喫した。


 尚志にとっては初の国立競技場。序盤は全員が思い切りの良いサッカーで、主導権を握ることができた。しかし、それは決して狙い通りの展開ではなかった。「立ち上がりは相手が主導権を握ってくるので、リアクションサッカーで対応しようとしたが、逆にペースをつかめたことで、全員が前掛かりになってしまった」と仲村浩二監督が語ったように、ゲームプランは守備から入って、徐々に攻撃の圧力を強めていく算段だった。それが逆に攻撃から入ってしまったことで、逆に四中工のカウンターの餌食となってしまったのだ。そして、35分にセットプレーから先制を許すと、状況は一変する。

「先に失点してしまったせいで、より攻撃的に行かなければいけなくなって、より相手の思うつぼになってしまった」(仲村監督)。


 41分には右サイドを突破され、MF寺尾俊祐のクロスから、MF田村翔太に手痛い追加点を奪われる。


 0−2。想定外の流れから2点のビハインドを負ったことで、さらに選手は混乱に陥った。そこに立ち上がりは気が付かなかった“国立の魔物”がのしかかってくる。

「国立の雰囲気は全然違った。これまでとは比べ物にならないくらいで、完全にのまれてしまった」とFW皿良優介が語ったように、尚志イレブンは徐々に国立の雰囲気に圧倒されていく。


 平常心に戻らなければいけないのに、国立が放つオーラがそうさせてくれない。自分たちの得意な形に持ち込み、勢いに乗る四中工に対し、異様な存在感を放つ国立が彼らの動きの自由を奪っていった。

「国立の放つオーラというか、僕でもこの雰囲気は異様に感じた。その中で何とか1点を奪いたかった」


 この苦しい状況下において、ベンチの仲村監督は同点、逆転を信じる一方で、まずは1点を奪うことを重要視していた。なぜならばこの1点は単なる1点ではないことを理解していたからであった。

「1点を奪うことが福島の皆さんの希望になると思った。相手ペースの展開を嫌って、守備に回るよりも、どんどんリスクを冒して何とかして1点を取りたかった。失点を恐れて、受け身になって戦うことよりも、失点してもいいから1点でも多く取りに行く姿勢を示すことが、より福島の皆さんに勇気を与えられると思った」

結実した選手たちの思い

 2点をリードされて迎えた後半、尚志はDFラインを下げなかった。より高い位置をキープして、トップ下の山岸祐也、皿良、FW後藤拓也を軸に、何度も相手のバイタルエリアに攻め込む。アンカーの金田一樹も果敢に前線に飛び出して、全員でゴールを奪いに行った。後半立ち上がりから20分までは、完全にペースを握っていた。


 しかし、四中工の堅い守備を破れないでいると、65分にカウンターからMF松尾和樹に決定的な3点目を奪われる。さらに77分にはFW浅野拓磨に豪快なミドルシュートをたたきこまれ0−4。


 だが、どんなに失点しても、どんなに決定的なチャンスを作られても、尚志は攻めの姿勢を崩さなかった。直後の78分には金田のヒールでの落としから山岸が強烈なシュート。これはゴールバーを激しくたたき、こぼれ球に金田が反応するが、放ったシュートはバーを越えていった。


 徐々に近づく四中工ゴール。そしてついに彼らの思いが結実する。82分、金田の左サイドからのクロスを、交代出場のFW福永裕大がダイレクトで落とすと、これを山岸が豪快に突き刺した。


“希望の1点”が生まれた。何度もピンチを迎え、失点を重ねながらも、愚直なまでにゴールを狙い続けて、全員でもぎ取った1点。その後も得点することをあきらめなかった尚志は、さらに攻勢を強めたが、終了間際の89分、90分とカウンターから立て続けに2ゴールを奪われ、電光掲示板には冒頭のスコアが刻まれた。

安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。2013年5月〜14年5月、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント