IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メッシ「素晴らしいファイナルとなった」
決勝サントス戦後、バルセロナ選手コメント
バルセロナは2年ぶり2回目の優勝。決勝で2ゴールを決めたメッシ(中央)は大会MVPに選ばれた
バルセロナは2年ぶり2回目の優勝。決勝で2ゴールを決めたメッシ(中央)は大会MVPに選ばれた【写真は共同】

 サッカーのクラブ世界一を決めるクラブワールドカップ(W杯)決勝が18日、横浜国際総合競技場で行われ、欧州チャンピオンのバルセロナが南米王者のサントスを4−0で下し、2年ぶり2度目の頂点に立った。

 バルセロナはメッシのゴールで先制すると、シャビ、セスクが立て続けに決め、前半のうちに3点をリード。後半に入ってもメッシがこの日2点目を奪い、サントスをまったく寄せつけずに圧勝した。試合後、バルセロナのメッシは「世界一のタイトルを獲ることができてとても幸せ」と喜びを表現。また、イニエスタは「完ぺきなゲームだったと思う」と試合内容にも満足感を示した。

FWメッシ

「素晴らしいファイナルとなった」


 皆さんが見た通り、このチームには素晴らしい選手がそろっている。今日の試合ではサントスをかなり上回るサッカーができた。早い時間で先制点を奪うことができ、僕たちにとっては素晴らしいファイナルとなった。世界一のタイトルを獲ることができてとても幸せだ。僕たちのサッカーは相手が誰であれボールを持つこと。今のチームにいる選手たちとプレーしていればすべてがたやすくなる。個人の賞はもちろんだけれど、チームとして勝てたことがうれしい。

MFイニエスタ

「強さはボール保持にこだわり、実現できるところ」


 完ぺきなゲームだったと思うし、今日はとても幸せ1日になった。このチームの強さというのはボール保持にこだわり、それを実現できるところにある。(歴史を作り続けているが)とにかく僕たちは目の前にある試合を全力でプレーしていくこと。このタイトルのように次にいつチャンスが来るのか分からないのだから、目の前の試合やタイトルに集中していくしかない。その姿勢が成長を促してくれると考えている。どこまでいけるかは分からないけれど、いけけるところまで自分たちのスタイルを貫いていきたい。


(簡単な試合に見えたが)結果的にはそう見えたかもしれないけれど、その背後にはしっかりとした相手の分析がある。自分たちの良さを最大限出すためにどこを突いていくかはどんな試合でも考えていること。


(ビジャにささげる優勝か?)はい。けがは彼にとっても僕たちにとっても不運なこと。だからこそ、このタイトルを獲って彼やティト(ビラノバ)にささげたいと思っていた。それを実現できて満足している。


(バルセロナの守備も素晴らしかったが)重要なのは攻守のバランス。僕たちは各ポジションでの役割を認識しながら全員で攻撃をして全員で守備をする意識を持っている。その意味では満足すべき試合だったと思う。


(先発11名のうち9名がカンテラ出身だったが)誇らしいこと。今日のサッカー界においてそういうチームに出会うことは難しいけれど、バルサはそのテーマにおいても満足することができるだけの成果を上げている。

MFセスク

「クラブレベルでの世界一は長年の夢だった」


 クラブレベルで世界一のタイトルを獲ることは長年の夢だったし、それが実現できてとてもうれしい。ただ、ここで止まるつもりはないし、まだまだこの調子でタイトルを獲り続けていきたい。

(カンテラの選手が9名先発していたが)バルサのカンテラのレベルというのはとてもいい。監督もカンテラのことを信頼しているし、素晴らしいことだと思う。


(移籍して半年ですでに3つのタイトルがそろったが)バルサに移籍してきた時点で年内に3つのタイトルを獲れる可能性があるのは分かっていたが、まさかすべてを獲れるとは想像していなかったから、とても満足している。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント