IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ネルシーニョ監督「ACLへひとつの大きな材料になった」
柏レイソル監督 3位決定戦後会見
柏−アルサッド 前半、選手に指示を出す柏・ネルシーニョ監督=日産スタジアム
柏−アルサッド 前半、選手に指示を出す柏・ネルシーニョ監督=日産スタジアム【共同】

 サッカーのクラブ世界一を決めるクラブワールドカップ(W杯)が18日、横浜国際総合競技場で行われ、3位決定戦でアジア王者のアルサッド(カタール)と対戦した開催国代表のJ1王者・柏レイソルは0−0で決着がつかず、PK戦に3−5で敗れて4位に終わった。

 前半立ち上がりから積極的に仕掛け、終始優位にゲームを進めた柏だが、最後までアルサッドの堅い守備を崩せず、PK戦へ突入する。後攻の柏は3人目の林陵平が失敗し、アルサッドは全員が成功させて勝利を飾った。試合後、柏のネルシーニョ監督は「経験と成長につながった」と振り返った一方で、レアンドロ・ドミンゲスが出場停止で不在だったことについては「酒井はかなりやりにくかったのではないか」と指摘した。

レアンドロ不在で、酒井はやりにくかったと思う

――若いチームだと思うが、今大会で学んだことは何か?


 大会を通して違うスタイルのサッカーと対戦できたことは、選手たちにとって非常に貴重な経験となった。新しい経験だし、勉強になったと思う。ピッチ内で勝利することはできなかったが、経験と成長につながったと思う。(この大会に)参加したことで、チームのステータスが変わると思う。(Jリーグの)タイトルを獲得してから、このピッチに入ることができた。そしてこの大会を通して、プライドを持って、顔を上げて結果を求めながら戦ってきた。それはすごく自信につながるし、来年にもつながると思う。


――今日は酒井が上がる機会が少なかったが、前にレアンドロ・ドミンゲスではなく水野が入ったからか?(後藤健生/フリーランス)


 間違いなく、酒井とレアンドロとのコンビネーションは完成している。アイコンタクトで、どこにボールを出すのか、どこに動いてくれるのかが分かる。レアンドロがいないことによって、酒井はかなりやりにくかったのではないかと思う。水野はいい仕事をしてくれたし、レアンドロの不在をカバーしてくれたが、酒井とのコンビネーションでは影響はあったと思う。


――アルサッドにPK戦に持ち込まれたという印象か? チャンスはあったが、守り切られたという感じか?(原田公樹/フリーランス)


 その通りだと思う。わたしからみれば90分で勝とうとしたのはレイソルの方だった。フィニッシュの数やボールキープの割合ではレイソルの方が上だったが、チャンスをものにすることができなかった。それはサントスとの試合(準決勝、1−3)でもあったが、今日の試合でも繰り返してしまった。こういう難しい試合の場合、チャンスを無駄にすることはやってはいけない。チャンスを確実にものにするという部分が足りていなかった。


――チャンスをものにできなかったということだが、勝利したアルサッドについての評価は?


 PK戦は90分とは別の問題だ。われわれはPKを1本外してしまい、3位になることができなかった。アルサッドの分析については、向こうの監督に聞くべきだ。相手の戦術は、単純にカウンターを狙っていた。レイソルはリスクを冒して前に出ていたが、相手にスペースは与えなかったと思う。われわれはチャンスを作ったものの、それをものにすることはできなかった。

国際試合を体で感じることができた

――心理的なステータスが上がったということだが、天皇杯に向けて勝てるという自信になっているか?(湯浅健二/フリーランス)


 勝つための準備はできているし、そのための仕事はしていく。どういう責任があるのか、何をするべきかは十分に分かっている。明日から、具体的にどうやってベストコンディションに持っていくか(というトレーニング)が始まる。21日には、名古屋グランパスとの試合(天皇杯4回戦)が控えているので、そのための準備を始めないといけない。


――ピッチで思ったような結果は得られなかったが、サポーターがたくさん来ていた。彼らへのメッセージは?


 レイソルのサポーターは非常に大事な存在だ。結果を出して、サポーターに喜びを与えたり、応援してくれることへのいい恩返しができていると思う。自分としては、またいい結果を出して、サポーターのために喜びを与えたいし、サポーターには今後も同じように応援を続けてほしいと思っている。


――来年ACL(AFCチャンピオンズリーグ)を戦うわけだが、この大会で勝利するには何が必要か?


 今回の大会が非常に貴重な経験になったので、ひとつの大きな材料になったと思う。国際試合をするというのはどういうことなのか、体で感じることができたと思う。今後はチームとしてプランニングして、さまざまなことを整理しないといけないと思う。ACLではプランニングがないと結果を出すことはできない。ただチームを送り出すだけではダメ。いろんな意味でのプランニングをしなければならない。チームが集まって、何か活動する時、レイソルの存在がどれだけ大きくなっているのか、すべての場面でアピールしなければならないと思う。


<了>


※質問者に関しては、掲載許諾の確認が取れた方のみ明記しています。記名のない方は確認が取れていない方ですので、拒否されている訳ではありません。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント