IDでもっと便利に新規取得

ログイン

グアルディオラ監督「自分たちの気持ちはビジャと一緒」
バルセロナ監督 準決勝後会見
グアルディオラ監督は「非常によいプレーができた」と振り返りながらも、負傷のビジャについては残念がった
グアルディオラ監督は「非常によいプレーができた」と振り返りながらも、負傷のビジャについては残念がった【Getty Images】

 サッカーのクラブ世界一を決めるクラブワールドカップ(W杯)が15日、横浜国際総合競技場で行われ、準決勝でアジア代表のアルサッドと対戦した欧州王者のバルセロナは4−0で勝利した。前半、アドリアーノが2得点を挙げてリードを広げると、後半19分にはメッシのアシストからケイタがダメ押しゴール、さらに同36分には途中出場のマクスウェルが決めて、アルサッドを終始圧倒した。一方、前半途中に負傷退場したビジャの骨折が判明。けがの状態についての質問が集中し、グアルディオラ監督は「復帰には時間がかかる」と明かしている。

 また、サントスとの決勝戦に向けては「対戦できるのは、とてもうれしいこと」と話し、「今回も世界チャンピオンになりたい」とタイトル獲得へあらためて意欲を見せた。

ビジャの骨折が治るまでには時間がかかる

――ビジャのけがの詳細を教えてほしい


 ビジャは非常に大きな努力をしてきた。そして今日、打撲による骨折をしてしまった。少しでも早く帰国させる。しばらく復帰には時間がかかるだろう。非常に残念に思う。ロッカールームで選手たちとも話したが、骨折が治るまでには時間がかかる。少しでも早い復帰を待つことにしたい。


――(負傷者が)マスチェラーノとアレクシス・サンチェス、それにビジャも加わった。スタメンを代えるつもりか?


 これから手術のために帰国する選手がいるのだ。交代選手をどうするか、というようなことを、この段階で聞かないでほしい。ビジャ以外の選手に関しては、ごく軽い負傷かどうか、チェックする必要がある。


――ビジャの不在の影響はどの程度か? また復帰に要する時間は?


 長い間、復帰できないと聞いている。そして彼がいないのは本当に痛い。もちろんわれわれは悲しんでいる。とにかく早く回復してほしいと思う。


――ロッカールームでのチームの様子は? というのも(ビジャのけがが深刻なのは)ハーフタイムで分かったと思うが


 皆、彼のことを心配していた。同じことが自分たちに起こってもおかしくないからだ。ドクターと付き添いの3人で、すぐに帰国する予定だ。われわれは彼なしでも、世界ナンバーワンのタイトルを目指す。ただ、サッカー選手はいつ、けがをするのか分からない。それもキャリアの一部だ。自分たちの気持ちは彼と一緒だ。また、アフェライも負傷しているが、彼の回復についても望んでいる。


――今日はゴールを決めたのは全員がディフェンシブな選手だった。これは相手の守備が素晴らしかったことと関係があるのか(湯浅健二/フリーランス)


 アドリアーノは本来のポジションでなかったと思っている。マクスウェルが決めたのは良かった。予想していないことが起こった。(相手は)守備ゾーンに9人いた。(前線の)ケイタやニアンはカウンターが素早い。とにかく相手の守備陣に、あれだけの人数がいると、こじ開けるのが難しい。だから非常に今回は危険な試合だったと思う。2年前のメキシコ(アトランテ戦、3−1)と同じような展開だった。自分たちは、できるだけのことはした。今回も世界チャンピオンになりたいと思う。


――決勝でサントスとどう対戦するか


 サントスは歴史的にも素晴らしいチームだ。ペレをはじめ素晴らしい選手を数多く輩出してきた。今はいい選手たちに恵まれているし、チーム内での競争も厳しく、技術も素晴らしい。サントスと対戦できるのは、とてもうれしいことと感じている。この目で見たわけでなく、すべてはテレビによる情報だが、ぜひピッチ上で彼らを(間近で)見てみたいし、そして勝ちたいと思う。

オフェンシブにプレーしようとした

――今日はほとんど相手にチャンスを与えなかった。今日の守備については?


 チャンスを与えなかったというのは、守備がきちんとできていたということだ。ただ、われわれは守備的な試合をしようとは思わなかった。むしろオフェンシブにプレーしようとした。4〜5人の(相手の守備)ラインを突破するのは難しいが、われわれは非常によいプレーができたと思う。ケイタがチャンスをつかんだが、失点にはならなかった。われわれ(の守備)は、きちんと機能していたと思う。


――試合後にアルサッドのフォサッティ監督とどんな話をしたのか? それと(かつてプレーした)ドーハについて


 われわれは休暇の時にドーハに行った。友人もいるので楽しかったし、家族も喜んでいた。いつもチャンスがあればドーハに行きたいと思っている。フォサッティ監督には、「カタールはどうか、うまくいっていますか」と聞いてみた。お互いにあいさつするような感じだった。


――サントスの選手たちは今日、横浜にいてこの試合を観戦していた。皆、バルセロナのプレーを毎日追っている。彼らが来たのはなぜだと思うか


 それは彼らに聞いてくれ。わたしに聞かれても困る。昨日、われわれはサントスの試合を見に、向こう(豊田)には行けず、テレビで見た。彼らがここにいたのは、たぶん横浜のホテルに泊まっていて「じゃあ、観に行こうか」という話になったのだと思う。対戦相手の試合を見るのはいいことだと思う。日曜日(18日)、お互い、いい試合ができればと思う。


――アルサッドは自陣に守備の選手が多かったが


 最初のゴールだが、これはわたしが意図したというより、試合の展開でそうなったと思う。(選手には)守備も攻撃も両方頑張れと言った。マクスウェルがゴール決めたのは本当に良かったと思う。アドリアーノも今日はサイドでプレーしたが良かった。試合展開によって、選手たちはプレーしたと思う。日曜日はぜひゴールを決めたいと思う。


――ビジャについては、1月に移籍ということになるのか?


 今、その話をするべきではないと思う。ひとりのメンバーが負傷した状況の中で、そのことを話題にするのは、彼に対するリスペクトがないという話になる。やはり時間が必要だ。しばらく待って、しばらく考えて決めることだと思う。今、答える話ではない。


<了>

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント