IDでもっと便利に新規取得

ログイン

柏の菅野「自分たちは歴史を作ってきたチーム」
クラブW杯・モンテレイ戦後 柏レイソル選手コメント

GK菅野孝憲

勝利のPKを決めた林(右)と抱き合う菅野(左)
勝利のPKを決めた林(右)と抱き合う菅野(左)【写真は共同】

「自分たちは歴史を作ってきたチーム」


 強い気持ちでみんな臨んでいた。こういう結果となったのは妥当かなと思います。結果については本当にうれしいです。PKっていうのはGKの力を見せるところだし、最低限の仕事はできたかなと思います。止めることしか考えていなかったです。PK戦ということは、勝つチャンスがあるということです。そういう考えていました。この試合についてもそうですが、幸せを感じながらプレーしています。また次の試合にも、そのチャンスがある。


(味方が蹴るのを見ていなかったが)いつもは見るんですけどね。今日はなぜか見られなかったですね。これまでも、自分たちは歴史を作ってきたチームです。今日もそのつもりでいました。

FW田中順也

「90分で決着をつけたかった」


 90分で決着をつけたかった。浮き球やハイボールを収めるところはうまくトラップできたけど、グラウンダーは工藤の方がうまく収めていたと思う。モンテレイの選手は自分よりも体は小さいのにテクニックがあって、キープできていた。監督に求められるプレーをできるように頑張っていきたい。

FW工藤壮人

「今年のレイソルの象徴のような試合ができた」


 相手のパワープレーへの対応が遅れて、初めはバタついてしまった。でも最少失点で踏ん張ってくれた後ろの選手に感謝しています。徐々に慣れて、うちらしい攻撃を出せたと思います。自分はポストプレーで収めて攻撃の起点になれました。でも、フィニッシュで決め切れなかったことが課題。PKでも勝ちですから。どんな試合でも勝ち切る今年のレイソルの象徴のような試合ができた。サントス戦ではサプライズを起こしたいです。

MF大谷秀和

「押し込まれた時間に我慢できたことは成長」


 立ち上がりは相手の強さを肌で感じる時間が続いた。そこを耐えて、相手の動きも落ちたことでスペースが生まれて相手を動かせるようになった。押し込まれた時間に我慢できたことはチームの成長。Jリーグでも苦しい時間で失点しない強さが身に付いた。中2日で、延長になっても走り切れたのは普段のトレーニングのおかげです。

DF近藤直也

「ノーリスクで裏を狙うように言われていた」


 スアソは前で動き回らず、チャンスの時に一気に動く感じだった。120分やったけど、大きくは疲れていない。オークランド戦と違って芝が濡れていなかったから、少しやりづらかった。監督からノーリスクで裏を狙うように言われていた。中2日は厳しいけど、全力で100%回復に努める。


<了>


取材:鈴木潤

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント