IDでもっと便利に新規取得

ログイン

FIFAとブラジル政府の対立に潜む不安
ワールドカップは無事に開催されるのか

政権交代で政府とFIFAの関係に変化が

ルセフ大統領(右)の就任により、ブラジル政府とFIFAの関係に変化が生まれている
ルセフ大統領(右)の就任により、ブラジル政府とFIFAの関係に変化が生まれている【写真:ロイター/アフロ】

 2014年6月12日にサンパウロで行われるワールドカップ(W杯)・ブラジル大会の開幕セレモニーまで2年半と少しに迫った現在、ブラジル政府とFIFA(国際サッカー連盟)の間には無視できないほどに深い溝が生じている。


 1年ほど前にブラジルの政権を握ったジルマ・ルセフ大統領は、FIFAと良好な関係を保っていたオルランド・シウバ前スポーツ大臣を汚職にかかわったとして辞任させただけでなく、FIFAが求めるW杯特別措置法案の一部改正に対して否定的な態度を示している。一方、過去の2大会(06年ドイツ大会と10年南アフリカ大会)で思い通りの運営を行ってきたFIFAは、一国の政府に大会の運営条件を制限する権利はないという強硬な姿勢を保っている。


 大多数の国民の支持を背に明確な行動をとっているルセフ新大統領のもと、汚職に関与した多くの役人が辞職に追い込まれてきた。労働者党と関係の近い古株の共産主義者であるオルランド・シウバはそのうちの1人にすぎない。


 FIFAにとっての問題は、シウバがFIFA前会長ジョアン・アベランジェの娘婿であるブラジルサッカー連盟(CBF)のリカルド・テシェイラ会長と親しい関係にあったことだ。またルラ・ダ・シウバ前大統領は大のサッカー好きでコリンチャンスのファンだったため、彼のもとでは新スタジアムの建設に遅れが生じていたことを除き、W杯開催へ向けた準備が軒並み平和裏に進んでいた。この新スタジアム建設には南アフリカ大会の2倍のコストがかかっているが、FIFAのジェローム・バルク事務局長は「この額は少なくともわれわれが要求したものではない。われわれはスタジアムに黄金やダイヤモンド製の風呂を作るよう頼んでいるわけではないのでね」と主張している。

沈黙を買い取り、すべてを闇に葬り去る

 NGO(非政府組織)から不正に資金を横領していたと告発された問題で数日前にシウバがスポーツ大臣を辞職すると、後任に就いたのは「テシェイラの一番の敵」と言われる共産主義者のアルド・レベロ議員だった。彼は98年のW杯・フランス大会決勝におけるロナウドの強行出場とナイキの関係を国会で調査するよう働きかけた人物である。


 ちょうど2週間前、テシェイラは国会から1000万ドル(約7億7600万円)の収賄容疑をかけられた。彼は義父のアベランジェ、南米サッカー連盟(CONMEBOL)のベテラン会長ニコラス・レオスら南米サッカー界の要人とともに、W杯の放映権を管理していたISL社の倒産問題でも収賄の容疑をかけられている。スイスの裁判所が作成した書類とイギリスのBBCが報じた内容によれば、この問題に関してはいまだに1億2000万ドル(約93億円)の行き先が不明のままだという。


 前回のFIFA総会でジョセフ・ブラッター会長は、自身の再選に際して組織の透明性を求めていくことを明言した。18年大会の招致運動でロシアに敗れたイングランドのメディアからたたかれていたこともあるが、その後に彼がISL社の倒産問題に再び取り組み始めたのは偶然だとは思えない。


 FIFAの元弁護士は04年、この問題に対して300万ドル(2億3000万円)の示談金を支払った。そして10年のW杯・南アフリカ大会の開催期間中には、さらにスイスの裁判所に490万ドル(約3億8000万円)を支払っている。代わりにFIFAは完全なる沈黙を買い取り、すべてを闇に葬り去ったのだと言われている。

セルヒオ・レビンスキー/Sergio Levinsky
セルヒオ・レビンスキー/Sergio Levinsky

アルゼンチン出身。1982年より記者として活動を始め、89年にブエノス・アイレス大学社会科学学部を卒業。99年には、バルセロナ大学でスポーツ社会学の博士号を取得した。著作に“El Negocio Del Futbol(フットボールビジネス)”、“Maradona - Rebelde Con Causa(マラドーナ、理由ある反抗)”、“El Deporte de Informar(情報伝達としてのスポーツ)”がある。ワールドカップは86年のメキシコ大会を皮切りに、以後すべての大会を取材。現在は、フリーのジャーナリストとして『スポーツナビ』のほか、独誌『キッカー』、アルゼンチン紙『ジョルナーダ』、デンマークのサッカー専門誌『ティップスブラーデット』、スウェーデン紙『アフトンブラーデット』、マドリーDPA(ドイツ通信社)、日本の『ワールドサッカーダイジェスト』などに寄稿

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント