IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「タケフサは、左利きのイニエスタ」
バルサのカンテラに加入した久保君の“インテリジェンス”

修正能力の高さと旺盛な好奇心、コミュニュケーション能力

 もともと、久保君の向上心や吸収力は目を見張るものがあった。バルセロナで練習に参加した時のことだ。FWで起用されたのだが、それまでトップ下でプレーしていたクセが抜けず、相手がボールを持っているときに、守備をしようと左右に動き過ぎていた。その結果、味方がボールを奪ったときにゴールから遠い場所にいるため、1ゴールも決めることができなかった。それを指摘されると、ノートを手に戻ってきて「動き方を教えてください」と、ピッチの絵を描き始めたという。


「建英は修正能力が高いし、何より好奇心が旺盛です。分からないことがあったら聞きに来るし、自分の考えを持っています。これは、お父さんの教育方針によるところが大きいと思います。スペイン語について質問に来たり、一緒にボールを蹴ってくださいと来ることもあります。そこで、『仕事があるから、ちょっと待ってて』と言うと、『わかりました』と言って、弟とボールを蹴っている。だから、弟もすぐにうまくなると思います(笑)」(浜田氏)


 考える力、学ぼうとする意識、そして、大人相手にも臆することなくコミュニュケーションをとろうとする姿勢。同年代の子と比べて、久保君はその部分が飛び抜けている。川崎フロンターレU12の一員として、大会に参加した時のことだ(所属はU10ながら、11年5月からはU12の練習に参加していた)。彼がベンチで試合を見ながら、「今、裏のスペースにパスを出せましたよね」といった具合に、監督と意見交換する姿を何度も見かけた。大人と対等に話をすることができ、サッカーについて考える力、探究心がずば抜けている印象を受けた。ただ、ボールを蹴ることだけが上手な選手ではないのだ、と。


 彼は一体、どのような選手になるのだろうか。久保君の才能を見初めたオスカル・エルナンデスコーチはこう表現した。「タケフサは左利きのイニエスタだ」。浜田氏はプレーを見ていて、「中盤ではイニエスタのようなプレーができ、ゴール前ではメッシになれる選手だ」と感じている。


 まだ10歳の少年であり、将来のことは誰にも分からない。スペインの地では、苛烈な競争が待っている。果たして、彼はトップチームの一員として将来、カンプ・ノウのピッチに立つことができるのだろうか。それが明らかになるのは、早くても6〜8年ほど後になるだろう。ちなみに8年後、リオネル・メッシは32歳、久保建英は18歳である。


<了>

FCバルセロナの元コーチが教える「サッカー選手が13歳までに覚えておくこと」

知のサッカー第2巻
知のサッカー第2巻【イースリー】

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が監修したU-13世代の選手向け教材「知のサッカー」。彼らが分析した「Jリーグ」の試合映像をもとに、日本の子ども達に足りない攻守の個人戦術からグループ戦術まで、選手のサッカーインテリジェンスを磨く32のプレーコンセプトを解説。オフィシャルサイトにて好評発売中だ。http://www.think-soccer.com/

鈴木智之

スポーツライター。『サッカークリニック』『コーチユナイテッド』『サカイク』などに選手育成・指導法の記事を寄稿。著書に『サッカー少年がみる みる育つ』『C・ロナウドはなぜ5歩さがるのか』『青春サッカー小説 蹴夢』がある。TwitterID:suzukikaku

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント