sportsnavi

福島、室伏ら世界陸上日本代表、50人が発表
世界選手権代表に選ばれた福島。アジア大会で2冠を達成している彼女が、世界を相手にどんな走りを見せてくれるか
世界選手権代表に選ばれた福島。アジア大会で2冠を達成している彼女が、世界を相手にどんな走りを見せてくれるか【photo by 原田亮太】

 日本陸上競技連盟は11日、8月27日から9月4日まで韓国・テグで開催される陸上世界選手権の日本代表選手50人を発表し、女子短距離の福島千里(北海道ハイテクAC)や男子ハンマー投の室伏広治(ミズノ)ら男子28人、女子22人を選出した。


 6月に開催された日本選手権(埼玉・熊谷)、今月7日から10日に行われたアジア選手権(兵庫・神戸)の結果と、参加標準記録をもとに選考。日本選手権で優勝し、その時点で参加標準A記録を突破した選手は、すでに代表に内定しており、アジア選手権の結果を待って、正式決定となった。


 世界選手権代表選手は以下の通り。

陸上世界選手権テグ大会 日本代表選手

<男子>


・短距離

高平慎士(富士通):200メートル

斎藤仁志(サンメッセ):200メートル

小林雄一(法大):200メートル

金丸祐三(大塚製薬):400メートル

江里口匡史(大阪ガス):リレー

川面聡大(中大):リレー

廣瀬英行(慶大):リレー

石塚祐輔(ミズノ):リレー

高瀬慧(富士通):リレー


・中・長距離

横田真人(富士通):800メートル

渡邊和也(四国電力):5000メートル

佐藤悠基(日清食品グループ):1万メートル


・ハードル、障害

岸本鷹幸(法大):400メートルハードル

安部孝駿(中京大):400メートルハードル

今関雄太(チームアイマ):400メートルハードル


・投てき

室伏広治(ミズノ):ハンマー投

村上幸史(スズキ浜松AC):やり投


・跳躍

澤野大地(千葉陸協):棒高跳


・混成

右代啓祐(スズキ浜松AC)


・競歩

鈴木雄介(富士通):20キロ競歩

森岡紘一朗(富士通):50キロ競歩

谷井孝行(佐川急便):50キロ競歩

荒井広宙(北陸亀の井ホテル):50キロ競歩


・マラソン

北岡幸浩(NTN)

川内優輝(埼玉県庁)

堀端宏行(旭化成)

尾田賢典(トヨタ自動車)

中本健太郎(安川電機)

<女子>


・短距離

福島千里(北海道ハイテクAC):100メートル、200メートル

市川華菜(中京大):リレー

岡部奈緒(チームミズノアスレティック):リレー

高橋萌木子(富士通):リレー

今井沙緒里(至学館大):リレー


・中・長距離

絹川愛(ミズノ):5000メートル

新谷仁美(佐倉アスリート倶楽部):5000メートル

杉原加代(デンソー):1万メートル

吉本ひかり(佛教大):1万メートル


・ハードル・障害

久保倉里美(新潟アルビレックスRC):400メートルハードル

早狩実紀(京都光華AC):3000メートル障害


・投てき

綾真澄(丸善工業):ハンマー投

海老原有希(スズキ浜松AC):やり投

宮下梨沙(大体大TC):やり投


・競歩

大利久美(富士通):20キロ競歩

渕瀬真寿美(大塚製薬):20キロ競歩

川崎真裕美(富士通):20キロ競歩


・マラソン

尾崎好美(第一生命)

赤羽有紀子(ホクレン)

中里麗美(ダイハツ)

伊藤舞(大塚製薬)

野尻あずさ(第一生命)


<了>

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント