TAJIRIが語る12.24SMASH『ハプニングEve’』完全ガイド

(C)スマッシュ

リンにとってはここが正念場

大原と戦うリン(写真)にとっては正念場。TAJIRIが納得する試合を披露したいところだ 【t.SAKUMA】

<第4試合:大原はじめ vs. リン・バイロン>

TAJIRI「これはSMASHのナンバーシリーズに入っていてもおかしくないような好カードですよ。リンは飛んだり跳ねたりのスタイルなので大原と手が合うのは間違いないんですよね。だけど、前回『SMASH.11』でKUSHIDA&Mentalloと闘ったときにも、ボクはそういうことを彼女に期待してマッチメークしたんですが、正直言って全然ダメだったと思います。なので今回、大原と闘ってダメだったら、リンについてはボクもちょっと考えないといけないな、というところまできてますね。リンにとってはここが正念場だと思いますし、ボクはリンがここできちんと結果を出してくれると信じてます」

男vs女というのを超えてどっちが強いのか?

<第3試合:小路晃 vs. 倉垣翼>

TAJIRI「男として、あるいは女としての深さの競い合いというか、そういう勝負になると思うんですよ。ボクは倉垣選手の試合はあまり見たことがないんですけど、会見のときに倉垣選手は腕まくりをしていたじゃないですか。あの腕を見たときに「これは強そうだな」っていう感じが伝わってきたんですよ。そもそも小路さんにあえて勝負を挑んでくるわけですから、いい度胸をしてますよ。いずれにしても、男vs女というのを超えてどっちが強いのか、理屈抜きに観たほうがいいかもしれませんね。

これはもうオバサンvs若者ですよね(笑)

<第2試合:植松寿絵、中川ともか、チェリー vs. 志田光、藤本つかさ、帯広さやか>

TAJIRI「分かりやすく言ってしまえば、これはもうオバサンvs若者ですよね。まあ、ひとり年齢不詳の方が混じってるみたいですけど(笑)。で、この前、ボクが19時女子プロレスにゲスト出演したときに若い3人の試合を観ているんですけど、すごく機動力があるいいチームだったんですよね。この3人が“素の植松寿絵”とは初対決となるんですけど、どう立ち向かうのか興味がありますねえ。
 あと、チェリー選手ですよね。さっきオバサンvs若者と言ったんですけど、ファンタジーを売りにいまブレイクし始めている彼女がこの闘いに加わることで、この構図がどう味付けされていくのか。これも楽しみのひとつと言っていいでしょう」

どっちがヒール的な立ち位置になるのか?

<第1試合:ジェシカ・ラブ vs. さくらえみ>

TAJIRI「男女問わずプロレス界において、これは個性の塊、個性vs個性の対決ですよね。とにかくパンチパーマのおばさんにいたぶれる美しいオカマ、あるいは美しいオカマにいたぶられるパンチパーマのおばさん、もう考えただけでボクはゾクゾクしてきちゃうんですよね(笑)。
 そしてもうひとつポイントなのは、どっちがヒール的な立ち位置に試合の中でなっていくのか、これが見どころだと思うんですよ。そして、そうなってしまったほうがボクは美しさで負けているんじゃないかなと。
 それと、さくらはこの前のJCBホールでも底力が試合の中で見えてましたよね。やっぱりすごいなってボクは思ったんですよ。SMASHのファンはアイスリボンのさくらをまだよく分かっていないと思うし、逆にアイスリボンのファンがジェシカのことをよくわかっていないと思うから、お互いを知り合うきっかけになればいいかなと。あとは、ジェシカは日本で女子レスラーとシングルで闘うのは初めてなので、ジェシカのオンナ度が試される試合になると思いますね」

AKIRAがキリストに!

<第0試合:AKIRA vs. バンビ>

TAJIRI「バンビ選手は、AKIRAさんが最近おかしなことになっているという噂を聞きつけてムチでたたきに来たと言ってましたよね。で、クリスマスにムチを持った人ということでゴルゴダの丘がボクの頭の中に思い浮かんだんですよ。ということは、必然的にAKIRAさんはキリストになりますよね(ニヤリ)。
 何かそういう、いにしえの洋画の歴史大作みたいな壮大な世界が繰り広げられるのではないかと予想してみました」
■SMASH『ハプニングEve’』
12月24日(金)東京・新宿FACE 開場18:00 開始19:00
(※第0試合は18時45分に開始予定)


<メーンイベント>
朱里
米山香織(JWP女子プロレス)
※24日の時点で米山がJWP認定無差別級王座を保持していた場合は同王座戦となる。
<セミファイナル>
TAJIRI
華名

<第6試合>
KUSHIDA、都宮ちい(アイスリボン)、みなみ飛香(アイスリボン)
木高イサミ(ユニオンプロレス)、真琴(アイスリボン)、児玉ユースケ

<第5試合 ハードコアマッチ>
AKIRA
KAORU

<第4試合>
大原はじめ(FCF)
リン・バイロン

<第3試合>
小路晃
倉垣翼(JWP女子プロレス)

<第2試合>
植松寿絵、中川ともか、チェリー(ユニオンプロレス)
志田光(アイスリボン)、藤本つかさ(アイスリボン)、帯広さやか(19時女子プロレス)

<第1試合>
ジェシカ・ラブ(FCF)
さくらえみ(アイスリボン)

<第0試合>
AKIRA
バンビ(KAIENTAI−DOJO)

2/2ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント