IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ウオッカ引退を発表、史上最多タイJRA・GI7勝の名牝
角居調教師「ありがとう」 武豊「本当にお疲れさま」
GI7勝、稀代の名牝ウオッカが引退(写真は07年日本ダービー)
GI7勝、稀代の名牝ウオッカが引退(写真は07年日本ダービー)【スポーツナビ】

 日本ダービー、ジャパンカップなどJRA・GI通算7勝を挙げた名牝ウオッカ(牝6=角居厩舎)の現役引退が7日、正式に発表された。


 ウオッカは通算戦績26戦10勝(海外4戦0勝含む)。JRA・GI通算7勝は、あのシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクトと並ぶ史上最多タイである。

 2006年にデビューし、キャリア3戦で2歳女王の座に就くと、翌年は牝馬ながら競馬の祭典・日本ダービーに挑戦し、64年ぶり史上3頭目の牝馬ダービーVの快挙を達成。その後は同世代のライバル・ダイワスカーレットと激戦を繰り広げ、頂上対決となった08年のGI天皇賞・秋をわずか2センチ差で制するなど、記録にも記憶にも残るヒロインとして日本の競馬シーンをリードしてきた。


 昨年もGI安田記念を連覇、GIジャパンカップでは再び2センチ差の死闘を制するなど、GI3勝で2年連続の年度代表馬に選出。ただ、劇的勝利を挙げたジャパンカップ直後に鼻出血を発症したため、JRAの規定により1カ月間の出走停止となる。これにより有馬記念を回避したことから、陣営はそのまま引退ではなく、今年3月27日(現地時間)のドバイワールド挑戦を最後に引退することを発表した。


 しかし、3年連続の挑戦となったドバイの地は、またもウオッカに味方せず……。

 前哨戦のGIIアル・マクトゥームチャレンジ ラウンド3で、同じ日本馬のレッドディザイア(牝4=松永幹)が戦列な差し切りを決めて大きな1勝を挙げた一方、ウオッカは直線でまさかの失速の末に8着敗戦。レース後に自身2度目の鼻出血を発症したことが判明し、陣営は『引退』を決定した――。

2度目の鼻出血で決断……「もう十分すぎるくらい勝ってくれた」

角居調教師は弥生賞後、ウオッカ引退とその経緯を発表した
角居調教師は弥生賞後、ウオッカ引退とその経緯を発表した【スポーツナビ】

 同馬を管理する角居勝彦調教師が中山競馬場で会見を開き、経緯を説明した。これによると、現地時間4日にドバイ・メイダン競馬場で行われたGIIアル・マクトゥームチャレンジ ラウンド3で8着に敗れたあと、右鼻孔から鼻出血を発症。レース直後、厩舎へ戻る馬運車の中で出血していることが見つかったという。


 「ほんのひとすじでした」という、ごく軽度の症状のため、「(引退レースとして予定していた)ドバイワールドカップも使おうと思えば、使えたかもしれません」と角居調教師。だが、谷水雄三オーナーと協議の結果、「これまで素晴らしい競馬をたくさんしてくれたし、もう十分すぎるくらい勝ってくれた。あんまりかわいそうな姿を見たくないし、見せたくない。それに今後は繁殖という大事な仕事も待っている」ことから、最後の目標レースとしていたドバイワールドカップには出走せず、このまま現役引退することが決定された。


 ウオッカは昨年のジャパンカップ勝利後も鼻出血を発症し、JRAの規定により1カ月間の出走停止に。これにより、有馬記念を回避し、今年3月27日(現地時間)のドバイワールドカップをラストランとしていた。

角居調教師、思い出のレースは「1つには決められない」

歴史的死闘となった08年GI天皇賞・秋――永遠のライバル・ダイワスカーレットとの差はわずかに2センチだった
歴史的死闘となった08年GI天皇賞・秋――永遠のライバル・ダイワスカーレットとの差はわずかに2センチだった【スポーツナビ】

 通算27戦10勝(海外4戦0勝含む)。うちGI7勝は、64年ぶりの牝馬ダービー制覇、ダイワスカーレットとの2センチ差激戦を制した天皇賞・秋、同じく2センチ差で日本牝馬としては史上初の快挙となったジャパンカップなど、どの勝利も劇的なシーンに彩られた。


 「長い間、ウチの厩舎の看板娘でいてくれました。長かったような短かったような、楽しかったような辛かったような(笑)……。でも、うれしいことも辛いこともウオッカがたくさん教えてくれて、スタッフもウオッカを通じて育ってくれた。色んな挑戦もしましたし、どのレースも印象深いですね。どれか1つ、というのは決められません」


 同じくGI7勝を挙げたディープインパクトのような連戦連勝の馬ではない。しかし、レースで敗戦を重ねながらも、ここ一番のビッグレースではドラマチックな復活と勝利を見せてくれた。そんな不屈のヒロインにファンは熱狂し、有馬記念では史上初となる3年連続トップ得票。記録にも、そして記憶にも鮮明に残る、日本競馬史上を代表する歴史的名牝だ。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント