鳩山首相が激励「全力を出し切ってほしい」=冬季パラリンピック
  • スポーツナビ
アイススレッジホッケーの選手とともに、気合を入れる鳩山首相(中央)
アイススレッジホッケーの選手とともに、気合を入れる鳩山首相(中央)【スポーツナビ】

 3月12日にカナダ・バンクーバーで開幕する冬季パラリンピックの日本選手団結団式が16日、都内ホテルで開かれ、選手団主将でクロスカントリー・バイアスロンに出場する新田佳浩(日立システム)が「感謝の気持ちを忘れず、バンクーバーでは飛躍を誓いたい。日本代表の誇りを胸に、よい報告ができるように頑張る」と抱負を語った。


 前回2006年のトリノ大会では、金2、銀5、銅2と、合計9個のメダルを獲得した日本選手団。今回も、5大会連続出場となるベテランの大日方邦子(電通パブリックリレーションズ)らを筆頭に、42人(男子34人、女子8人)の選手たちがメダル獲得を目指す。

 今大会は、アルペンスキーのスーパーコンビ(スーパー大回転と回転を1本ずつ滑りタイムを競う)が正式種目として新たに加わり、車いすカーリングで初出場を果たすなど、日本選手団の出場種目数が増えたこともあって、前回を上回るメダル獲得が期待される。しかし、新田主将は「世界のレベルが高くなってきているし、メダルを獲得できると確約はできない」と慎重な構えを見せた。

 また、結団式の後に行われた壮行会には、鳩山由紀夫首相が出席し、「障害をものともせずに、世界にチャレンジする。年齢の制限なく、老いも若きも活躍できる、それがパラリンピックの良さだと思う。本番が練習だとそのぐらいに思って、全力を出し切ってほしい」と選手たちにエールを送った。


 大会は現地時間の3月12日に開幕し、21日までの10日間にわたって熱戦が繰り広げられる。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント