sportsnavi

7.20札幌で棚橋vs.杉浦のIWGP戦か
新日本プロレス「DOMINION 6.20」大会トピックス
棚橋がIWGP王座返り咲きを果たす
棚橋がIWGP王座返り咲きを果たす【スポーツナビ】

 20日の新日本プロレス「DOMINION 6.20」(大阪府立体育会館)では、IWGP2大タイトルマッチやプロレスリング・ノアとの対抗戦など全10試合が行われ、超満員となる5800人を動員した。

 メーンイベントのIWGPヘビー級選手権試合では、前王者の棚橋弘至が王者・中西学を倒し、5.6後楽園ホール大会以来、約1カ月半ぶりに4度目の王座返り咲き。試合後は、この日の第8試合で後藤洋央紀から勝利したノアの杉浦貴が王座挑戦に名乗りを上げ、7.20札幌・月寒アルファコートドーム大会でIWGP王座戦が行われることが決定的となった。


 中西と棚橋は5.6後楽園ホール大会でベルトをかけて対戦。21分40秒、ジャーマンスープレックスホールドで中西が勝利し、デビュー17年目にして悲願の王座初戴冠を果たした。

 しかし、前王者の棚橋の要求を受けさっそくのリマッチが決定。6.14後楽園の試合前に行われたタイトルマッチ調印式では、IWGPベルトのことを“元彼女”に例えた棚橋に対し、中西も“女房”と称するなど、それぞれが熱い思いを激白していた。

棚橋、“元彼女”との略奪愛を成就

中西(下)の超絶パワーに苦戦する棚橋
中西(下)の超絶パワーに苦戦する棚橋【スポーツナビ】

 わずか1カ月半ぶりの対戦にもかかわらず、両者の攻防は前回とはまったく違った、より戦略的なものとなった。足4の字固め、テキサスクローバーホールドといった足関節技につなげるべく、ドラゴンスクリューを軸に徹底した足攻めを仕掛けていった棚橋に対し、中西はアルゼンチンバックブリーカー、ヘラクレスカッター、大☆中西ジャーマンといった必殺技の数々に、さらなる破壊力を追加。アルゼンチンの体勢からニーの上に落としたり、ロープホイップを加えたりと、王者らしく多彩なバリエーションを披露してみせた。


 しかし、30分以上に及ぶ激闘を勝ち抜いたのは「愛」の力で勝る棚橋。うつ伏せ&仰向け状態へのハイフライフロー2連発で激勝し、見事“元彼女”との略奪愛を成就させてみせた。

 試合後には早くも杉浦がリング上から挑戦表明。「負けん気の強い選手でテクニックもある」と杉浦の実力を評価する棚橋も「ノアとの対抗戦で悔しい経験があったから今のオレがある。このままじゃ終われないんで、やるんだったら腹をくくってきてください」と呼びかけたことから、次のビッグマッチである7.20札幌での杉浦との初防衛戦が浮上した。

杉浦がG1&NJC制覇の後藤を撃破

ノア杉浦(下)が後藤を破りIWGP王座挑戦へ
ノア杉浦(下)が後藤を破りIWGP王座挑戦へ【スポーツナビ】

 棚橋のベルトを狙う新たな刺客が登場した。杉浦は、この日の第8試合で後藤と初のシングルマッチで対戦。1.4東京ドームで初めてタッグで遭遇して以来、互いを激しく意識し合っていた2人が、ついに一騎打ちであいまみえた。


 後藤の雪崩式ブレーンバスターが決まった直後に杉浦も同じ技でやり返すなど、敵意ムキ出しでぶつかり合う2人だが、勝敗を分けたのは、やはり執念の差。杉浦の技を何度も食らいながらも、あえてカウント1で返すという意地を見せ付けていた後藤だが、杉浦はオリンピック予選スラム2連発で強引に振り切った。


 昨年夏の「G1クライマックス」&今年春の「NEW JAPAN CUP」両制覇を果たしたトップレスラーを倒したことで、「ヘビー級全員とシングルで戦う」という野望のスタートをベストな形で切った杉浦は「チャンピオンに挑戦するのが一番てっとり早い。人気があるレスラーほどやりがいがある」とメーンイベントを遠くから視察すると、王座返り咲きを果たしたばかりの棚橋にさっそく王座挑戦を表明した。


 13日にノア代表取締役社長・三沢光晴さんが急逝。しかし、「どんな状況でも、どんなリングでも、どんな相手でも組まれたらやるだけ」という杉浦は、「ノアにも熱を持っていく」と悲しみにくれる方舟にも新たな刺激を投下していくことを誓った。

高木裕美
静岡県沼津市出身。埼玉大学教養学部卒業後、新聞社に勤務し、プロレス&格闘技を担当。退社後、フリーライターとなる。スポーツナビではメジャーからインディー、デスマッチからお笑いまで幅広くプロレス団体を取材し、 年間で約100大会を観戦している 。最も深く影響を受けたのは、 1990年代の全日本プロレスの四天王プロレス。

スポナビDo

イベント・大会一覧