IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ごくせん俳優・脇知弘が白星デビュー=大仁田興行
大仁田、大みそか勝利ならずも意味深発言
脇(左)がプロレスデビュー戦を勝利で飾る
脇(左)がプロレスデビュー戦を勝利で飾る【スポーツナビ】

 大仁田厚プロレス祭り「大晦日だよ! 邪道ファミリー大集合」が31日、東京・新木場1stRINGで開催された。今大会の目玉は、人気ドラマ「ごくせん」にも出演した俳優・脇知弘のプロレスデビュー戦。大仁田の勧めもあって昔からのあこがれの世界に飛び込んだ脇は、男女混合のタッグマッチで不器用ながらも懸命のファイトを披露した。

 この試合以外でも、コンバット豊田やシャーク土屋、クラッシャー前泊など懐かしのFMW女子戦士たちが一堂に会したり、大トリでは“邪道”大仁田が得意の「ノーロープ有刺鉄線 ストリートファイト バリケードボードデスマッチ」で所狭しと暴れまわるなど、話題満載の大会となった。

小包固めや払い腰を披露

谷口(左)をラリアットでなぎ倒し、雄たけびを上げる脇
谷口(左)をラリアットでなぎ倒し、雄たけびを上げる脇【スポーツナビ】

 脇は気合の雄たけびと共に入場。花道で対戦相手の谷口裕一とにらみ合い、そのまま場外戦に突入した。その後リングに戻るや、巨体同士で迫力のあるタックル合戦を繰り広げ、最後は脇がラリアットでダウンを奪う。さらにボディスラムで谷口を叩きつけるなど、半年間近い練習の成果を見せ付けた。

 5分過ぎからは明らかに息が上がり苦しそうな表情を浮かべるものの、コーナーに控えている時でも必死に声を出してパートナーのラ・マルクリアーダを鼓舞。そこには俳優の顔見せ的な雰囲気はなく、率先して試合に参加する姿勢が見て取れた。戦前「決めてみたい」と語っていたスモールパッケージホールドも不格好ながら決めてみせ、柔道で培った美しい払い腰も披露。“プロレスラー”として勝利への執念も見せた。最後は脇と谷口が場外でもつれ合う間に、マルクリアーダがアップルみゆきをハニートラップで沈め、7分の夢の舞台は幕を閉じた。


 両手を突き上げて喜びを表現した脇は、控室に戻っても興奮気味に「楽しかったです」とひと言。「すごい緊張したけど、気持ちいいです。プロレス大好きで良かったです」とデビュー戦を無事終えて安どの表情を浮かべた。そして「本当にあらためて、プロレス楽しいです!」と声を張り上げ、大粒の汗をぬぐっていた。


 次戦の予定など今後のプロレス活動は未定だが、試合で見せた一生懸命な姿勢と向上心、誰にも負けないプロレス愛があれば、周りが放ってはおかないだろう。

大仁田「来年勝負に出る」

大仁田は毒霧を繰り出すなど大みそかも暴れまわった
大仁田は毒霧を繰り出すなど大みそかも暴れまわった【スポーツナビ】

 メーンに登場した大仁田は田中将斗、リッキーフジを引きつれ入場。目はすでに血走っている。そしてリングコール後、邪道革ジャンを対戦相手の青柳政司に投げつけ、メーンイベントのゴングが打ち鳴らされた。両軍は早くも観客席を巻き込んでの場外戦を展開。四方を有刺鉄線に囲まれ、ニュートラルコーナーポストにはバリケードボードが立ち並ぶ異様な雰囲気のリング上でも、イスや机の破片が飛び交う大乱戦が繰り広げられた。大仁田は花道に設置した机の上でのパイルドライバーや毒霧殺法で勝機を見出すも、リッキーが青柳のフライングニールキックを顔面に浴びてしまい、大みそかの勝利はならなかった。


 しかし、試合後の大仁田劇場は健在。ペットボトルの水をまき散らし、マイクを握って「FMWは永久に不滅じゃ!」と復権をもくろむ元祖インディー団体をアピール。さらに「来年勝負に出る!」とファンの前で意味深な言葉を吐いた。この真意について大仁田は「来年のこの時期には動くから。大きな目標がある」とバックステージで告白した。「それを取ったら、その答えによって、それが第3のリングになるんじゃないかな」と何か大きなうねりが起こることを示唆した。かつて川崎球場を超満員にし、そして政界にも進出した邪道は、どこへ行こうとしているのか。


 なお、デビュー戦を終えた脇については「ひたむきな姿勢が見えたし、デビュー戦にしてはよかったんじゃないかな」と高評価。「第2弾もあるかもしれない」とプロレス第2戦に期待を寄せた。

土屋&前泊の“猛毒隊”が復活

FMW女子部の選手たちが集合。懐かしい顔ぶれが勢ぞろいした
FMW女子部の選手たちが集合。懐かしい顔ぶれが勢ぞろいした【スポーツナビ】

 セミファイナルではFMW女子部を彩った選手11名がバトルロイヤルで戦った。“邪道姫”工藤めぐみがレフェリーとして見つめる中、土屋と前泊の“猛毒隊”が懐かしの連係を見せれば、ツッパリマックは学生かばんで土屋を殴打。往年の攻防がリング上で繰り広げられた。


■大仁田厚プロレス祭り「大晦日だよ! 邪道ファミリー大集合」

12月31日(水) 東京・新木場1stRING 観衆350人(超満員)


<メーンイベント ノーロープ有刺鉄線 ストリートファイト バリケードボードデスマッチ>

大仁田 厚、田中将斗、●リッキーフジ

(11分07秒 フライングニールキック→片エビ固め)

○青柳政司(誠心会館館長)、松崎和彦(誠心会館)、ザ・シューター2009


<セミファイナル FMW女子バトルロイヤル>

○前泊美香(クラッシャー前泊)

(19分13秒 前泊が勝ち残り)

豊田記代(コンバット豊田)

土屋恵理子(シャーク土屋)

松田久美子(ツッパリマック)

里 美和

岩見敬子(キラー岩見)

鍋野ユキ江

上林愛貴(ミスモンゴル)

小泉恵美

小松崎由美子

唯我

※レフェリー:工藤めぐみ


<第4試合 異種格闘技タッグマッチ>

○戸井克成、北川セイジ(格闘家)

(15分20秒 フライングボディアタック→片エビ固め)

●ニセレザーフェイス、長須幸喜(ボクサー)


<第3試合 男女ミックスドマッチ>

谷口裕一、●アップルみゆき

(7分46秒 ハニートラップ)

脇 知弘(俳優)、○ラ・マルクリアーダ


<第2試合 タッグマッチ>

グレートアシタカ、●趙雲子龍(新北京プロレス)

(12分50秒 垂直落下風ブレーンバスター→片エビ固め)

ブラックX、○佐野 直


<第1試合 シングルマッチ>

○BADBOY非道

(8分33秒 キャメルwithシザー)

●松永智光(DDT)

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント