山あり谷ありの野球人生で輝く投手たち
第79回都市対抗リポート

川口盛外(王子製紙) 「野球エリートには絶対に負けない」

早大では準硬式野球部出身ながら社会人で活躍を見せた川口
早大では準硬式野球部出身ながら社会人で活躍を見せた川口【島尻譲】

 都市対抗戦前から話題になっていた。

 川口盛外は早大準硬式野球部出身だ。静岡高3年夏には甲子園に出場したが、肩を痛めたこともあって硬式野球部のセレクションを受けることを断念せざるを得なかった。そこで当時の静岡高野球部の監督を務めていた畑田裕規(現焼津中央高監督)が早大準硬式野球部出身だったこともあり、「ケガはゆっくり治せばいい」と準硬式野球部に入部したのである。

 ケガは針治療や本人の努力もあって早期回復し、川口は準硬式野球部で1年生から主戦格として活躍した。日本代表メンバーにも選ばれて海外遠征も経験した。そのような現実に不満があった訳ではないが、川口は心のどこかで「また、硬式で野球がやりたい」という気持ちを捨て切れず、オフシーズンは硬式球で練習に励んでいたのだ。

 そして、大学卒業時、チャンスをくれたのは王子製紙だった。準硬式野球部出身の川口を採用。その期待に応えるかのように川口は都市対抗予選で4勝をマークした。

「社会人野球を続けられるのも夢のような話しだったし、都市対抗(前年には決勝戦を観戦)という憧れの大きな舞台に立てるなんて夢のようです」

 目をキラキラさせるとはまさにこういうことを言うのだろう。川口の目は喜びに満ち溢れていた。そして、その夢舞台で川口はもっと目をキラキラさせたのだ。


 初戦(NTT西日本戦)、川口は先発投手の大役を任される。緊張もあって2回3分の0で1失点という内容でマウンドを降りたものの、チームは逆転勝ち。2回戦(東邦ガス戦)は登板機会がなかったが、3回戦(鷺宮製作所戦)では最終回にリリーフで3人をキッチリ抑えた。そして、準決勝(富士重工業戦)で再び先発のマウンドに上がった。

「自分じゃ終われない。ほかにもたくさんいいピッチャーがいるので飛ばして行こう。川上さん(友朗/捕手)のミット目掛けて投げるだけ」

 棚橋祐司監督も「川口の魂のピッチングにチームも勇気付けられた」と、絶賛する気迫の投球で、強力と評される富士重工業打線を6回3分の1まで無失点に封じて勝利投手となった。

 決勝戦でチームは新日本石油ENEOSに敗れて準優勝に終わったが、準硬式の星・川口の“奮投”は今大会の一つのビッグトピックスであり、若獅子賞(新人賞)と優秀選手賞(投手部門)を受賞した。

「チーム全員で笑って終わりたかったですけれども。でも、本当に夢のような大会でした。大学で準硬式野球部に入った時、4年後を見てろよという気持ちを捨てなくて良かった。野球エリートには絶対に負けないと思っていましたから」

 チームが頂点に立てなかった悔しさはあったが、川口はまた、目をキラキラさせて今大会と自らのこれまでの野球人生を振り返った。


 川口の夢を後押ししたのが準硬式野球部出身でプロ入りした山本歩(関西学院大−埼玉西武)の存在だった。

「歩さんと日本代表で一緒になって、希望の光が射し込んだ。自分はまだまだ目標にされるような存在ではないですけれども、準硬式野球でプレーする選手の励みになれるようにもっと頑張って行きます」

 今夏の活躍で川口はその一歩を踏み出したはずだ。


<了>

相木崇/Takashi Aiki

1978年5月16日生まれ。熊本県出身。184センチ73キロ。右投右打。熊本市商高−福岡大−オリックス−阪神−松下電器。高校時代は県大会4強、大学時代はリーグ戦MVP2度の活躍でプロ入り。オリックス、阪神では実働7年で5勝を挙げた。今春から松下電器に正社員採用され、社会人野球のマウンドに上がる。横手から繰り出す多彩な変化球を武器にロングリリーフをこなせる貴重な戦力


藤江均/Hitoshi Fujie

1986年1月27日生まれ。大阪府出身。177センチ70キロ。右投右打。上宮太子高−NOMOベースボールクラブ−東邦ガス。小学校3年から野球を始めてポジションは遊撃手。高校3年春に投手へ転向すると、NOMOベースボールクラブではエースとして05年のクラブ選手権優勝に貢献した。07年に東邦ガスへ転籍。最速146キロのストレートを軸に、スライダー、カーブ、フォーク、ツーシームなど球種も豊富。先発でも、リリーフでも適応能力を見せる


川口盛外/Taketo Kawaguchi

1985年8月15日生まれ。静岡県出身。172センチ78キロ。左投左打。静岡高−早大−王子製紙。高校3年夏に甲子園出場も左肩の故障の影響もあり、早大では準硬式野球部に入部。故障も癒え、下級生時代から主戦格として活躍。準硬式野球の日本代表メンバーとして中国遠征も経験した。準硬式野球部出身ながら130キロ台中盤アベレージという球速表示以上に力感のあるストレートが認められて王子製紙に入社した。ルーキーイヤーの今夏、都市対抗予選では4勝無敗。都市対抗でも1勝を挙げて若獅子賞を獲得した

島尻譲

 1973年生まれ。東京都出身。立教高−関西学院大。高校、大学では野球部に所属した。卒業後、サラリーマン、野球評論家・金村義明氏のマネージャーを経て、スポーツライターに転身。また、「J SPORTS」の全日本大学野球選手権の解説を務め、著書に『ベースボールアゲイン』(長崎出版)がある。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント