コラム〜水上の若きサムライたち〜

非凡なるヤングスター 吉田裕平(前編)

吉田裕平(よしだ ゆうへい)選手

2019年11月1日更新 文:黒須田守(BOATBoy) 写真:池上一摩(BOATBoy)

ボートレーサー一家

凛々しい表情だ
凛々しい表情だ

 9月に開催されたヤングダービーでは、優勝した永井彪也や先月取り上げた準優勝の豊田健士郎をはじめ、何人かの若手レーサーが未来のスター候補として名乗りをあげた。キャリアの浅さはそのまま、ファンにとっての馴染みの薄さとなるのは当然で、このヤングダービーがG1初出場となるような選手については初めてその走りを見たというファンも少なくなかったはず。そうしたなかで、おおいにアピールするパフォーマンスを見せて、ファンにその名を刻み付けたヤングレーサーは少なくなかった。たとえば、G1初出場でいきなり優勝戦まで駒を進めた福田宗平。彼は29歳なので、これが最後のヤングダービー出場のチャンスだったわけだが、ラストヤングダービーで見事に名前を売ることに成功した。この経験が、福田をさらに大きく成長させることだろう。ふたたびG1の舞台で彼を見るのが楽しみだ。出場選手中最も登番号が若かった前田篤哉は、まだデビューして2年半のA2級ということで、名前自体はじめて聞いたというファンもいたかもしれない。それでも舟券に絡んでみせたし、G1初1着もマーク、さらには転覆したこともあり、前田の名前を印象深くとらえたファンもいたはずだ。
 そんななかでも、最も強烈なインパクトを与えたのは、やはり吉田裕平だろう。吉田はやはりヤングダービーがG1初出場。すでにA1級ではあるが、表舞台に顔を出すのはこれが初めてだったから、まだ馴染みが薄いというファンも多かったはずだ。その吉田が、この一戦で八面六臂の大活躍を見せ、一気にネームバリューを獲得してみせた。その戦いぶりは、センセーショナルとも言えた。2019年の若武者決戦で最も全国のファンにアピールしたのが、彼であることは間違いない。

穏やかな表情を見せることも
穏やかな表情を見せることも

 吉田裕平は、第117期生として2015年秋にやまと学校(現ボートレーサー養成所)に入学し、1年後の11月にデビューしている。当初から話題の新人ではあった。父がG1ウィナーの吉田徳夫で、当時はまだ現役(現在は引退)。母の吉田幸恵も元ボートレーサーだった。また、同じ期には兄の吉田凌太朗もおり、「両親がレーサーで、兄弟が同期生」というボートレーサー一家であることが注目された。また、裕平も凌太朗も養成時代から非凡な走りを見せていた。裕平のやまとリーグ戦勝率は7.71で、これはトップの成績だ。凌太朗も6.78と高勝率。本来であれば卒業記念競走の優勝戦に駒を進められる成績だが、二人とも事故率が高く優出は認められなかった。ただ、卒業記念の一般戦として組まれた養成時代最後のレースで2人は直接対決。これがプロも顔負けの兄弟による激しいデッドヒートとなり、二人のポテンシャルはおおいに称えられたものだった。
 地元の常滑でデビューした裕平は、いきなりその非凡さを水面で見せつけた。デビュー戦こそ6着に敗れたが、2走目に3着と早くも舟券絡み。そして5走目には6コースからの差しでデビュー初1着。ここ数年、初勝利までには1年以上かかることがまるで珍しくない新人たちのなかで、5走目での勝利は特筆すべき早さである。このデビュー期にはあと2勝をあげて、勝率は2.39と上々の成績を残している。まさに前途有望な新人であった。
 その後もじわじわと成績をあげてはいくが、トントン拍子の出世とはいかなかった。痛かったのはフライングだ。デビュー3期目、立て続けに2本のフライングを切ってしまったことで、攻めるレースを自重せざるをえなくなる。長期欠場も強いられ、思うように勝率を伸ばすことができなかった。その間に、兄の凌太朗はA2級に昇級。18年1月のボートレースバトルトーナメントに出場してSGウィナーらを相手に健闘を見せ、G1東海地区選手権にも出場するなど、名前をおおいにアピールしていた。
 兄の活躍も刺激になったのだろう、フライングの足かせがとれたデビュー5期目には勝率を一気に引き上げて、初のA2級昇級を果たしている。デビュー6期目もA2級をキープする勝率をマークし、優勝戦にも3度、進出している。2度目の優出は6号艇6コースながら2着に入って、大穴の片棒を担いだりもした。着実にキャリアを重ねて、実力も蓄えていったのである。
 迎えたデビュー7期目、裕平はさらに成長の急坂を駆けあがっていく。
 (後編に続く・・・)11/15(金)更新予定

吉田裕平
吉田裕平 (よしだ ゆうへい)選手プロフィール

登録番号4914。117期。支部・愛知。出身・愛知。1996年11月19日生まれ。AB型。

ボートレース場検索(外部サイト)

スポナビDo

イベント・大会一覧