コラム〜水上の若きサムライたち〜

信州の星になれ! 金児隆太(後編)

金児隆太(かねこ りゅうた)選手

2019年6月15日更新 文:黒須田守(BOATBoy) 写真:池上一摩(BOATBoy)

果敢なまくりが得意技

徹底的な攻撃型
徹底的な攻撃型

 オートバイレーサーから華麗な転身を果たした金児隆太。モタードレースではトップクラスの活躍を見せたレーサーだったわけだが、サーキットと水面ではやはり勝手が違う。地元桐生でのデビュー戦は6着。そして、5日間7走走ったデビュー節はすべて6着に敗れている。ボートレースの洗礼を浴びた格好だ。
 それでも、デビュー4節目の平和島では見事に初1着を果たしている。水神祭まで1年以上を要する新人も珍しくないなか、デビュー2カ月半での初勝利はむしろ早い部類と言える。本人としてはもっと早く先頭ゴールをしたかっただろうが、悪くない新人期と言えるだろう。デビュー期は半年走って3勝。勝率2.33だった。2期目も最下級であるB2級に留まったが、現在の規定ならB1級に昇級できている。新天地でのスタートとしては、まずまずと言ってよかった。ただし、デビュー2期目は苦戦した。半年間1着をあげることができず、勝率も2.20とデビュー期をわずかだが下回っている。
 デビュー3期目は、成績を大きく上昇させた。2着、3着も増え、前期は0勝だったものが5勝に増えた。勝率も3.39と1点以上も上昇。さらにデビュー4期目には1着が一気に12回に増えている。勝率は4.19にアップし、デビュー2年目は確かな前進が見える1年となっている。
 その躍進の原動力は、果敢に攻めるレースぶりだ。デビュー1期目から4期目までの2年間、金児の1着時の決まり手に「差し」は皆無だった。デビュー4期目には内コースにも入るようになり、インコース時の決まり手=逃げも見られるが、それ以外はすべて「まくり」か「まくり差し」。それも徐々にまくりが増えていっている。つまり、レーススタイルは徹底的な攻撃型。内の艇に対して少しでも先行していれば、外を叩いてまくりを放つケースが多く、外コースから思い切り握っていって空いているスペースに飛び込んでいるケースも少なくない。とにかくチャンスがあれば自力で攻めるのが金児のレーサー気質。これに磨きがかかることにより、勝率も右肩上がりでアップしている。

初A級昇級を目指す!
初A級昇級を目指す!

 デビュー6期目、金児の勝率は5.00。自身初の5点台をマークした。予選突破の機会もじわじわと増えていき、デビュー7期目にはさらに勝率を5.11と引き上げている。18年12月には、ボートレースレディースvsルーキーズバトルに参戦。これはレディースチームとルーキーチームに分かれて戦われる、ボートレース初の男女団体戦で、団体優勝と個人優勝の両方を争うもの。金児は節間2勝をあげて、ルーキーズの団体優勝に貢献している。また、2勝のうちの1勝は2コース差しでのもの。トップスタートを決めてまくれる態勢でもあったものを、1コースが抵抗する構えを見せたのを察して、差しにチェンジして勝ったものだった。展開に応じて差しも見せられたのは、間違いなく進歩の証し。徹底的な自力型であると相手に警戒されれば、こうした差しもまた活きるのである。その攻めの姿勢を貫いてきたことが、こうしたかたちでも金児を成長させたということだろう。
 元号が令和に変わると同時に迎えたデビュー7期目。その最初のシリーズで、金児にはひとつのトピックが起こる。地元桐生のGW開催に出場した金児は、予選道中はしっかりと着をまとめて準優勝戦に進出。その準優勝戦でも2着に入り、優勝戦に駒を進めた。これがデビュー初優出。ここまでの積み重ねがひとつ実を結んだ瞬間だった。その優勝戦は結果3着。3艇のフライングが出たので、シンガリでのゴールではあるが、優勝戦をしっかりと戦い抜いたのは、大きな経験となっただろう。
 デビュー4年目に突入し、金児は着々とステップアップしている。令和の時代になって、どこまで強くなるのか、おおいに楽しみだ。ただし、デビューが遅かった金児は、現在31歳。選手寿命が長いボートレーサーではあるが、楽観的ではいられない。そして金児自身も、それを自覚しているようだ。できうる限り早く、上の舞台で結果を出すべく、金児の努力奮闘はさらに急ピッチで続いていく。前編でも書いたとおり、数少ない信州生まれのボートレーサーとして、長野出身のファンの期待は大きい。かく言う筆者もその一人だ。華々しい活躍を見せたオートバイレーサー時代以上の活躍を、ボートレースで魅せてほしい。当面の目標はまずA級昇級。今期はそれを果たすべく、果敢に攻め続ける。

金児隆太
金児隆太 (かねこ りゅうた)選手プロフィール

登録番号4888。117期。支部・群馬。出身・長野。1987年9月15日生まれ。A型。

ボートレース場検索(外部サイト)

スポナビDo

イベント・大会一覧