コラム〜水上の若きサムライたち〜

がんばれ、オールドルーキー! 上村純一(前編)

上村純一(うえむら じゅんいち)選手

2016年10月1日更新 文:黒須田守(BOATBoy) 写真:中尾茂幸(BOATBoy)

30歳でデビュー

整備にも熱心に取り組む
整備にも熱心に取り組む

 9月20日~25日まで、ボートレース常滑でプレミアムG1ヤングダービーが開催された。
 9月1日時点で30歳未満の若手レーサーに出場資格のある、まさに若武者の祭典。この世代のトップどころが勢ぞろいし、ハツラツとした、また瑞々しい戦いが繰り広げられた。同世代だからこそ負けられない、の思いも強いのか、進入争いも激化した。女子選手たちも健闘を見せた。一節を通して、非常にアツくエキサイティングな熱狂バトルが連続し、ファンをおおいに楽しませた。初日の20日は台風接近により水面は大荒れとなったが、若者たちはひるむことなく全力で戦った。アッパレである。優勝は松田大志郎。以前に当欄で取り上げたこともある実力派若手レーサーが、桐生順平や岡崎恭裕らSGクラスを相手に堂々たる勝ちっぷりで3代目チャンプに輝いている。
 当欄の主人公となる“ルーキー世代”からは女子も含めて7名が参戦したが、これが大健闘を見せた。7名中4名が予選を突破し準優勝戦へ進出。近江翔吾、島村隆幸、丸野一樹、上條暢嵩と、最近当欄で取り上げた選手たちが、強豪先輩相手に一歩も引かない戦いでスタンドを沸かせたのだ。さらに、このうち丸野は準優勝戦を突破して優勝戦へ進出! 優勝は逃したものの、先輩の胸を借りて堂々たる戦いぶりを満天下のファンに示してくれた。彼らが大舞台で目立ったことは、ボートレースの未来を非常に明るいものにしたと言っていいだろう。ルーキーの奮闘には、大きな拍手を送りたい。
 さて、ここに一人のルーキーがいる。上村純一。108期生だ。近江の1期後輩で、島村と丸野の1期先輩にあたる。現在はA2級に属し、昨年の今頃にはA1級に昇級し、G1レースにも登場した。今年はG2で優出の実績もある。ルーキー世代では確実に、上位に名を連ねる存在だ。
 ところが、彼はヤングダービーには出場していなかった。その前哨戦であるG3イースタンヤングにも出場していない。実力はあるのに、その舞台を踏んでいないのはなぜか。それは彼が現在36歳の“オールドルーキー”だからである。

顔つきは若い!
顔つきは若い!

 上村純一は、2010年4月に第108期生として、やまと学校に入所した。この1年前、第106期生からやまと学校の受験資格は、それまでの20歳未満から30歳未満へと引き上げられている。上村の誕生日は1980年5月27日。入所したときにはすでに29歳で、年齢制限ギリギリでの入所である。入所後、2カ月ほどで30歳となっている。
 上村はもともとカートレースのドライバーだった。もともとカーレースが好きで、F1レーサーに憧れ、その道を目指してもいた。カートレースでは、全日本選手権に出場した実績もある。そのままプロレーサーを目指す道もあったが、自分の年齢がやまと学校受験の年齢制限をまもなく迎えることから、一念発起してやまと学校を受験。一発で合格し、ボートレーサーへと転身を果たすことになった。もしその受験を失敗していたら、次からは年齢制限に引っかかっているわけで、ボートレーサー上村純一は誕生しなかったことになる。
 デビューは11年5月。地元桐生で、初陣を果たしている。初勝利は約1カ月半後の多摩川。それも含めて、デビュー期には2勝をあげている。それから一足跳びでの出世とはいかなかったが、じわじわと成長していく。このままいけば、デビュー6年未満の選手によって争われる新鋭王座決定戦に出場する日は必ずやってくるはず。そんな期待感はたしかにあったはずだ。
 ところが、デビューから2年ほどが経ち、ある意味ショッキングな出来事があった。それは新鋭王座決定戦の廃止と、ヤングダービーの新設。どちらも若手最強決定戦という性格は変わらないが、新鋭王座がデビュー6年未満とキャリアが資格基準だったものが、ヤングダービーは30歳未満と年齢が基準となった。もし新鋭王座が存続していたら、上村には4回出場するチャンスがあった。しかし、やまと学校在籍中に30歳を迎えた上村には、デビューした時点ですでにヤングダービー出場資格はなかったことになる。上村はいきなり若手最強決定戦に出場する道を閉ざされてしまったのだ。
 皮肉にも、最後の新鋭王座が開催された13年後期に、上村は5点目前まで勝率を伸ばしている。このままいけば翌年(も開催があれば)新鋭王座への出場も見えてきていただけに、上村はひとつの目標を失うかたちになってしまったのである。
 (後編に続く・・・)10/15(土)更新予定

上村純一
上村純一 (うえむら じゅんいち)選手プロフィール

登録番号4645。108期。支部・群馬。出身・千葉。1980年5月27日生まれ。A型。

ボートレース場検索(外部サイト)

スポナビDo

イベント・大会一覧