sportsnavi

コラム〜水上の若きサムライたち〜

面白くて強いボートレーサーへ 荒井翔伍(後編)

荒井翔伍(あらい しょうご)選手

2015年7月15日更新 文:黒須田守(BOATBoy) 写真:中尾茂幸、池上一摩

出会いがしらの“オレアライ体操”

13年新鋭王座でオレアライ体操!
13年新鋭王座でオレアライ体操!

 やまと学校受験年齢制限が引き上げられた最初の期、106期のなかにあって、年少組とも言える荒井翔伍は、デビュー6期目にA級初昇格を果たすと、その後も順調に力をつけていった。先に書いてしまえば、その後はずっとA級をキープしているし、デビュー10期目となった15年1~6月はA1級として戦った。残念ながら7月からはA2級に陥落してしまうが、対戦相手も一段強くなったことも理由のひとつで、次なるステップを踏み出す準備段階と言えるだろう。
 そんな荒井だが、その名前をファンに強く刻み付けたのは、レースではなかった。というとレースにインパクトがないというふうにも聞こえるかもしれないが、そうではない。レースとは別の部分で、強烈なインパクトを与える出来事があったのだ。
 13年新鋭王座決定戦。荒井はこの“若手最強決定戦”に出場を果たす。新鋭王座は1986年に創設されてから、スーパースターの登竜門的レースとして、若手レーサーたちが真っ向から激突してきた名物レース。歴代優勝者には錚々たる名前が並んでいるのだが、この2013年で廃止されることが決まっていた。翌年からはヤングダービーが新設され、若手最強決定戦はそちらに受け継がれることになったのだ。つまり、この13年は最後の新鋭王座決定戦。荒井は歴史ある戦いに間に合った、というわけである。もし新鋭王座が続いていれば、荒井はあと3回は出場資格があった。だから決して、ギリギリ新鋭王座に間に合った、というわけではない。早い出世だったのだ。いずれにしても、荒井は新鋭王座を経験することはできた。そして、GIレースであるこの舞台で、荒井はおおいに名を売った。
 シリーズ初日の1Rが始まる前に行なわれた開会式。その選手紹介で荒井はおおいに目立った!
「♪ラララライ! ラララライ! 俺、荒井! オレアライ!」
 数年前に一世を風靡した、漫才コンビ・藤崎マーケットのラララライ体操をパロディにして披露したのである。これがウケた。同時に、ファンの間に荒井翔伍の名前は浸透した。荒井はこれがGI初出場である。つまり、全国的にパフォーマンスを披露する機会がなかった。その一発目で、いきなりコミカルな素顔をファンにさらしたわけである。出会いがしらのインパクトは、大事なのだ。

先輩からもかわいがられる人柄だ
先輩からもかわいがられる人柄だ

 もちろん、荒井はパフォーマーとしての資質だけではなく、レーサーとしてのポテンシャルも水面で見せつけた。その新鋭王座ではGI初1着をあげているし、それからGIを走る機会はなかなか訪れなかったが、その果敢な攻撃力は次第に注目を集めるようになっていった。コース不問で全速攻撃を仕掛け、内の選手を脅かす。時にそれが裏目に出ることもあったが、終始攻め続ける姿勢は成績を上げもしたし、ファンに「荒井は強くなる」と思わせたりもした。陸の上ではひょうきんでも、水の上では闘志あふれるファイターなのだ。
 そうして荒井は、デビュー10期目にA1級に初昇格した。A1級になれば、ひとつ上のステージで戦うことができる。GIのあっせんが入るのだ。そしてGIといえば、初日の開会式。荒井は水の上でも陸の上でも目立つチャンスを手にしたのである。
 15年2月のGI関東地区選手権。荒井の“オレアライ体操”は炸裂した。ファンはもちろん爆笑だ。そしてその初戦で見事に1着。この日荒井は、本当に水の上でも陸の上でも大活躍したのだ。
 その後、荒井は平和島ダイヤモンドカップ、多摩川ウェイキーカップ、江戸川大賞と3つのGIに参戦。オレアライ体操を披露するとともに、すべてのシリーズで1着を獲っている。残念ながら、大敗もあったため、すべて予選落ちと結果は残せていないが、全国のボートファンが注目するGIで目立つシーンを作ったことで、荒井はさらに存在感を植え付け、またレーサーとして大きな経験を積んだことだろう。
 7月からはA2級なので、ふたたびGIからは遠ざかることとなる。しかし、その間にも爪を研ぎ、腕を磨いて、すぐにでもA1級に戻ってくるだろう。持ち前の攻撃力がさらに鋭さと迫力を増していけば、SG出場も期待できるはずだ。そのとき、まずは初日に注目してほしい。選手紹介で弾けたパフォーマンスを見せ、さらにレースで激しい戦いを見せる。面白くて強い男にきっと出会えるはずだ。そのとき、きっと荒井翔伍の名前は忘れられなくなる。荒井自身、そうしたレーサーに一日も早くなれるよう、日々研鑽を積んでいく。

荒井翔伍
荒井翔伍 (あらい しょうご)選手プロフィール

登録番号4608。106期。支部・東京。出身・千葉。1989年10月1日生まれ。O型。

ボートレース場検索(外部サイト)

スポナビDo

イベント・大会一覧