sportsnavi

コラム〜水上の若きサムライたち〜

ミスター競艇 今村豊 (後編)

今村 豊(いまむら ゆたか)選手

2009年9月15日更新 文:黒須田守(BOATBoy) 写真:中尾茂幸(BOATBoy)

病魔との闘いを乗り越えて

ピットで後輩とはしゃぐ姿も。決して威圧する態度はとらないのだ
ピットで後輩とはしゃぐ姿も。決して威圧する態度はとらないのだ

 デビュー3年でSG初制覇を果たした今村豊の勢いは、もちろん止まるところを知らなかった。
 87年全日本選手権。この全日本選手権は、艇界最古のSGであり、もっとも権威の高いレースと言われている。また、年間勝率が選考基準となる実力日本一決定戦でもあり、そうした経緯から、畏敬をもって「ダービー」と呼ばれるレースである。まだ賞金王決定戦が創設されていなかった87年当時は、間違いなく最高峰のレース。今村も、デビュー以来ダービー制覇を目標に奮闘してきたという(現在でも、今村は賞金王よりダービーにこだわりを抱き続けている)。その87年ダービーで、今村は念願の優勝を飾っている。夢にまで見たダービー制覇、今村はレース中からヘルメットの奥で涙を流していたという。
 翌88年全日本選手権。今村はふたたびダービー王の栄誉に輝く。ダービー連覇は史上初の快挙にして、現在でも今村が唯一無二の達成者。野中和夫や彦坂郁雄らの超人的強さをもつ先輩たちがひしめいていた当時の競艇界、そのなかで今村こそが実力ナンバーワンだという認知はファンの間にも広まっていくこととなった。さらに90年にも今村はダービーを制覇。ダービー3優勝は、もちろん現在でも最多の記録である。天才・今村にはもうひとつ、「ダービーの申し子」たる称号も与えられることとなったのである。

史上最年長SG制覇記録(53歳)の更新も期待!
史上最年長SG制覇記録(53歳)の更新も期待!

 しかし、神様は時代の寵児にこそ試練を与えるのだろうか……今村は、とある病魔に襲われることとなる。
 92年にモーターボート記念を制し、5つめのSG戴冠を果たしてから間もなく、今村はメニエル症候群という三半規管の奇病を患ってしまう。今もってはっきりした原因が明らかになっていないこの病は、慢性的なめまいなどを引き起こし、身体的なバランスを崩すことにつながるもの。日常生活にすら障害を来してしまう病気なのだから、高速で走るボートを180度旋回させて勝利を争う競艇という競技においては致命的とさえ言えるものであった。
 その病と闘いながら、それでも今村はトップクラスに君臨してきたのだから、それ自体が驚異的なことである。だが、それ以来、今村はビッグタイトルから遠ざかり、同時に後輩の台頭をも許すようになってしまう。時はまさしく、全速ターン以来の新しいターン技術=モンキーターンがもてはやされるようになった時代。これを体得した若手選手たちが次々とタイトルホルダーとなっていった。好成績を維持しながらも、病により本来の走りが難しくなっていた今村は、次第に突出した存在ではいられなくなってしまったのである。
 そうしたなかでも、決して諦めることなく、下を向くことなく邁進していた今村は、04年総理大臣杯で実に12年ぶりのSG制覇を果たす。21世紀へと時代は変わり、さらなるニュースターが次々と誕生していく中で、今村は自身の健在を満天下に知らしめたのである。さらにこの年は4つのGIを制覇。年間最多賞金獲得選手となり、最優秀選手に選出されている。
 その表彰式で今村は、人目をはばかることもなく号泣している。その涙は、12年間の苦闘がどんなものであったかを雄弁に表現するものだった。そして同時に、すでに40代に突入していた今村豊が今でもトップスターであることをも証明していた。メニエル症候群は、今でも時折再発して、今村を悩ませている。しかし、それが今村の根本の実力の障害には決してなりえないのだと、そのとき誰もが確信していた。
 今村は今年の6月で48歳となり、来年4月の競艇名人戦への出場資格を手にしている。あの今村豊も、すっかりベテランになったのだ。だが、今村にそんなフォーマットは当てはまらない。現に、今年5月の笹川賞では1号艇で優勝戦進出を果たしているのだ。今村はこれからも、SG戦線の中心人物の一人であり続けるだろう。
 そんな今村にふさわしい称号はこれしかない。
 ミスター競艇。
 真の天才・今村豊は、未来永劫、競艇界の誇りである。

今村 豊
今村 豊 (いまむら ゆたか)選手プロフィール

登録番号2992。48期。山口県出身。1961年6月22日生まれ。A型。 1981年 徳山でデビュー。主な優勝:84年笹川賞(浜名湖)87年全日本選手権(平和島)88年全日本選手権(多摩川)90年全日本選手権(戸田)92年モーターボート記念(浜名湖)04年総理大臣杯(福岡)。

ボートレース場検索(外部サイト)

スポナビDo

イベント・大会一覧