sportsnavi

【NFL第1週】ブロンコスが接戦を制して開幕白星スタート

現地8日(木)、デンバー・ブロンコスの本拠地スポーツオーソリティ・フィールド・アット・マイルハイで待望のNFLシーズンが開幕した。ブロンコスが迎え撃つのは第50回スーパーボウルで対戦したカロライナ・パンサーズ。1970年以来となる“スーパーボウルのリマッチ”で幕を開けた2016年シーズンはブロンコスが21対20でパンサーズを下して白星発進を決めた。

パンサーズは試合開始早々、ブロンコスの新人ランニングバック(RB)デボンティー・ブッカーからファンブルを誘うと、直後のドライブでクオーターバック(QB)キャム・ニュートンが、ACL(前十字靭帯)切断により昨シーズンを棒に振ったレシーバー(WR)ケルビン・ベンジャミンへの14ヤードパスを決めて先制。前半はパンサーズが17対7とリードして前半を折り返した。

しかしながら、第3クオーター以降はブロンコスが調子を上げ、第4クオーターには逆転に成功。終盤はパンサーズが点差を縮めていくも、最後はキッカー(K)グラハム・ギャノが50ヤードキックを外し、ブロンコスが逃げ切る形で試合終了となった。

パンサーズQBニュートンはパス33回中18回成功、194ヤード、1タッチダウン、1インターセプト。復帰を遂げたWRベンジャミンは6キャッチ、91ヤード、1タッチダウンを決めている。ブロンコスQBシーミアンはパス26回中18回成功、178ヤード、1タッチダウン、2インターセプトというまずまずの出来で開幕戦を終えた。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:16,505回

関連動画

※総視聴回数は2016/9/25に集計されたものです。